「信頼できるCBD源」動画シリーズ「問題」

ヘンプメッズは「信頼できるCBD源」動画シリーズ第2弾では、ヘンプ草に高濃度で含まれるCBDなどのファイトカンナビノイドを含むカンナビノイドとエンドカンナビノイドを紹介します。カンナビノイドは人体にも元々備わっており、母乳にも含まれています。

エンドカンナビノイドシステムは20世紀後半に発見され、今研究者たちがその人体の中枢機能に貢献する役割について明らかにし始めています。すでに明らかになっているのは、エンドカンナビノイドとその受容体が脳、内臓、結合組織、分泌腺、免疫細胞など身体中の細胞膜に埋め込まれている、ということです。

カンナビノイド受容体が刺激されると、さまざまな身体機能が起こります。エンドカンナビノイドシステムは、食欲、痛み、炎症、体温調節、眼圧、感覚、筋肉制御、エネルギーバランス、代謝、睡眠、ストレス反応、動機付け/報酬、気分、記憶に役立ちます。

しかし、ファイトカンナビノイドは長い間現代の食生活から除外されてきたので、臨床的エンドカンナビノイド不全症候群として知られる新たな疾患名を作り出しました。これは体内のカンナビノイド欠乏と関連する現代病です。

ヘンプメッズ・ウェブサイトのCBDオイル教育ページでカンナビノイドやエンドカンナビノイドシステムについてもっと知ってください。そして「信頼できるCBD源」動画シリーズの新作を見るために毎週チェックしてください。