みなさまが安全で幸せな独立記念日を過ごせますように

7月4日、独立記念日の祝日です。アメリカ中の国民が祝日を祝い、友人や家族と集まり、アメリカがもたらす自由を楽しんでいます。

この祝日の機会にヘンプメッズは我が国とその国民に敬意を払い、全国でCBDオイル市場をアクセスできるように努力してくれている全ての人に感謝を捧げたいと思います。

アメリカにおけるヘンプ栽培は 、ヘンプならびのその数多の用途と精神活性作用のある姉妹植物の大麻を同等に扱う薬物戦争の一環として、連邦政府レベルで数十年にわたり禁じられてきました。この政策のために、アメリカ人はヘンプの数多くの有用性や用途を利用することができませんでした。

今、農家、活動家、先見の明を持つ国会議員の尽力により、ヘンプ産業がアメリカに戻りつつあります。ヘンプメッズのCBDオイル・サプリメントを含むヘンプ製品は、アメリカ国内での製造・流通・使用が連邦政府によって合法とされています。

2014年農業法のおかげで、ヘンプ栽培も第二次世界大戦以来初めて定着し始めています。この法案は、州レベルの試験的研究計画としてヘンプ農業を許可しました。ケンタッキー州、ニューヨーク州、ヴァージニア州などにおけるこれらの計画の目標は、全国レベルでヘンプ栽培を導入するのに必要な知識と技術を取り戻すことです。

しかし、商用でのヘンプ栽培は未だに連邦政府によって禁止されています。これが、ヘンプメッズがヨーロッパから国際的にヘンプを調達している理由です。アメリカが再び国内ヘンプ栽培に関する政策を調節する時、
ヘンプメッズは国内での調達を検討します。

元々ヘンプ栽培の必要性のもとに創立されたイギリスの植民地であるアメリカのような国にとっては、ヘンプに関してルーツに戻ることは、有望な発展です。ヘンプはロープ、布、紙、キャンバス、建築素材、バイオプラスチック、バイオ燃料、そしてもちろんCBDオイルといった製品の持続可能な賢い供給源なのです。

CBDオイル・サプリメントを含むヘンプから派生する商品は人気が上がっていて、これまでにないほど入手しやすくなっています。実際、ヘンプメッズのCBDオイル製品は今までにないほどアクセスしやすくなっています。それはヘンプメッズが顧客のために商品の価格を値下げしたからで、最大で40%の値下げになっている商品もあります。