アイルランドのヘンプ―持続可能な未来への鍵?

ダブリンヘンプ博物館館長のブライアン・フーリハン氏は、最も有名な19世紀の科学者であり神経科医であるジョージ・シガーソン氏のことを話します。彼はアイルランドにおけるヘンプの成長が多くの利益をもたらすと考えました。

ジャーナル.ie(Journal.ie)は、フーリハン氏のシガーソン氏についての記事や、彼の伝記でどのように彼がヘンプについての彼の深い知識を文書化したのかを公表しました。今日、多くの人々は シガーソン氏がヘンプについて感じたことと同じように感じます。彼は時代を先取りしていたのでしょうか?

何世紀も前にヘンプを学んだ大御所

多くの19世紀の思想家のように、シガーソン氏も万能選手でした。彼は動物者、植物学者、科学者、政治家の立場でヘンプについて書いています。彼はまた、アイルランド共和国の議会の上院で、アイルランド自由国の建国に尽くした後、アイルランドの文学的復活における立役者でもありました。

シガーソン氏は、1866年に彼の仕事を「アイルランドの麻(カンナビス)文化:その利益と可能性」で公開しました。そのコピーは、アイルランドの国立図書館で見ることができます。彼はカンナビスが国民の財源を活気づけ、人々の間で財産を分散できることを確信しました。

彼は多くの人に持続可能な仕事を提供できる産業として、アイルランドにおけるヘンプの栽培を説明しました。

経済的可能性

シガーソン氏は、植物の植物学的特性を非常に深く扱っています。彼はまた、カンナビス文化についても見ています:理想的な土壌条件、栽培および収穫。シガーソン氏はどのようにアイルランドの土壌が作物に適しているのか、どのようにそれが正常に栽培できない可能性のある世界の他の地域に輸出することができるのか、詳しく述べています。

当時、シガーソン氏は、島国として、アイルランドは、容易に栽培でき、輸出すること容易である、多くの用途に使える穀物が必要であると感じていました。

次に、彼は、その汎用性は驚くべきことであるとして、非常に深く植物の用途をカバーしています。カンナビスが、最も強い繊維ロープや、非常に耐久性のある衣類の布を織るために使用される最も繊細な織り糸に使えることを、誰も思い出す必要はありません。

アイルランドにおけるヘンプの薬用使用

シガーソン氏は、カンナビスに存在する医学的および麻薬的特性を強調しました。彼は、同輩のアイルランド人のオーショネッシー博士が、インドを訪問している間に、その薬効を発見した後、ヨーロッパに最初にカンナビスを導入したと書いています。

1840以来、カンナビスは化学者から利用できました

オーショネッシー博士の研究は、カンナビスの一般での利用をリードしました。カンナビスは、1840年代から1930年の禁止の時まで、どのような形にせよ化学者から利用することができました。

しかし、アイルランドのヘンプの歴史はさらに戻って行くかもしれません。ブライアン・フーリハン氏は、ヘンプは、少なくとも2000年のあいだは、アイルランドにあるだろうと示唆しています。結局のところ、多くの文化が多くの異なる理由のためにヘンプを使用しました。

今日では、ヘンプはどのように使用されているのでしょうか

現在、私たちは食品においては料理用の油としてヘンプを使用しています。そしてもちろん、サプリメントとしてCBDオイルを購入することもできます。私達はまた、家を建てるために、ヘンプクリート(麻の破片と石灰の混合物)を使用します。

それは、優秀な絶縁材になります。私達はヘンプから耐久性のある天然繊維を作り、また、化粧品にも使用しています。

新しいヘンプ産業の拡大と革新は、大きな可能性を持っています。例えば、私たちは、現在、ヘンプをバイオ燃料として使用します。ヘンプから作られた新しい合成物は、通常のプラスチックとは異なり、生分解性です。

その伝統的な用途から私たちがまさに今日発見している新しいものまで、ヘンプはずっと、興味深く、汎用性が高く、そして潜在的に有益な作物であり続けるのです。

愛好家だけではありません

アイルランドにおけるヘンプが素晴らしい未来を持っていると考えるのは愛好家だけではありません。おそらく、それは単に混乱したタイムライン(年表)の再調整の問題です。私たちはかつてこの植物を評価していました。

それから、中傷したのです。しかし、後者が本当だった時期は、カンナビスの長く卓越した歴史と人類との関係に比べれば、一瞬のことです。