アメリカの基本理念はヘンプ紙で起草された可能性

アメリカの独立記念日まであと数日、アメリカ国民は我が国で保証されている自由を祝うために準備をしています。このお祝いの機会に、ヘンプメッズはアメリカが創立された基本理念について考察したいと思います。

ジョン・F・ケネディ大統領はアメリカとその政府の役割を次のようにまとめました。「アメリカは丘の上の町とならなければならない。—その町を構成しそこに住む者は、大いなる信頼と大いなる責任を備えていなければならない」

数十年後、ロナルド・レーガン大統領は同様に提言しました。「アメリカは丘の上に輝く町であり、その合図の光は全ての場所の自由を愛する人々を導く」

自由に対する責任感が、アメリカの最も偉大な書類以上に明白に表れている場所はありません。すなわちアメリカ独立宣言書、憲法、ならびに権利章典です。

アメリカ独立宣言書はヘンプ紙に印刷されていたのか?

長い間インターネット上では、これらの3つの書類がヘンプ紙に書かれたのではないかとする噂がありました。この噂は真実ではないことが実証されました。その代わり、これらの書類は石灰で処理された動物の皮から作られた、羊皮紙に書かれていました。これがより正式な書類に関する伝統であり、長持ちする媒体として知られていました。

しかしこれらの重要書類の草稿は、当時より安く、より簡単に供給できたヘンプ紙に書かれていた可能性があります。ヘンプ繊維を紙、布、ロープ、帆布などの製品を作るために使用していた入植者にとって、ヘンプは重要な換金作物でした。

つまりアメリカの基本理念、自由を導く光、国が表す権利は最初、ヘンプ紙を使用して作成されたことを意味します。

ヘンプは2014年以来アメリカでの人気を回復しつつあります。2014年、複数の州がヘンプ栽培に関する試験計画を開設し、ほぼ100年間で初めてアメリカにおける潜在的な国内ヘンプ産業へのドアを開きました。私たちは再び、ジョージ・ワシントンによる「ヘンプシードを多く生産し、そこら中に種を蒔け」という主張を認識する縁に立っているようです。

CBDオイル・サプリメントを含むヘンプから派生する商品は人気が上がっていて、これまでにないほど入手しやすくなっています。実際、ヘンプメッズのヘンプオイル製品は今までにないほどアクセスしやすくなっています。それはヘンプメッズが顧客のために商品の価格を値下げしたからで、最大で40%の値下げになっている商品もあります。