アースデイの歴史

アースデイの歴史はどんなものなのでしょうか?アースデイは災害の結果として誕生しました。1969年、カリフォルニア州サンタバーバラの海岸から6マイル離れたところにユニオン石油のプラットフォームAがありました。

それはドス・クアドラス沖油田の上に位置していました。1969年1月28日、プラットフォームAはこの場所で5つ目の油井を掘削していました。最終的な深さまで到達した時、天然ガスが爆発しました。パイプが不適切であったため、この爆発は当時アメリカ史上最大の石油流出を引き起こしたのです。

ゲイロード・ネルソンは当時ウィスコンシン州の上院議員でした。ネルソンは石油流出によって引き起こされた損害の証人となりました。彼は石油流出の余波を心配していました。ネルソン上院議員は、これ以上の災害を防ぎ、環境問題に関する意識することが重要だと考えました。そこで当時最高潮に達していた学生による反戦運動に刺激され、草の根の全国的環境運動を立ち上げたのです。

1回目のアースデイは1970年に大学や小学校、中学校で行われました。20万人のアメリカ人が初めてのアースデイを祝いました。それ以来、アースデイは国際的な祝日へと成長しました。アースデイは192ヶ国で1億人以上に人々に認知されています。アースデイは、先見の明のある上院議員のアイデアから、世界最大の宗教的ではない祝日の一つへと発展しました。

今年のアースデイは、将来の保護の取り組みにおけるヘンプの役割について考えるべきです。ヘンプは土壌の不純物を浄化し、また温室ガスの空気をきれいにする特性を持ちます。ヘンプの早い再生率は、紙の生産を使われる運命にある森を守ります。ヘンプはあまりに万能なので、全国で合法的に栽培されていないという事実は犯罪すれすれです。

ヘンプヘルプスなどの機関は、情報を広めています。ヘンプメッズやカンナウェイなどの企業は、ヘンプをアメリカに復活させる活動の最先端にいます。ヘンプメッズは目的を持つ製品を作っています。ヘンプを使えば、人の健康だけでなく、地球の健康もサポートできるのです。

ですから花を植え、木を抱きしめ、買い物に行く時は車の代わりに自転車に乗りましょう。そしてヘンプのことも忘れないでください。アースデイだけでなく、毎日です。アースデイの歴史は、小さく始まり、大きく成長した運動の一つです。ヘンプ草と同じように。ヘンプ運動と同じように。