アース・デイ

ヘンプメッズとともに持続可能性を祝福するアース・デイに参加してください!

4月22日(土)は、環境保護主義に関する認知を向上することを目的とする国際的なキャンペーン、アース・デイです。アース・デイは、持続可能な未来における自分の役割や地球を保護する方法について考えるいい機会です。

ヘンプメッズは、より青々とした健全な地球を築くことにおけるヘンプの地位を強調するため、2017年4月23日(日)にサンディエゴのバルボア・パークで行われるアース・デイの祝祭に参加します。開催時間は午前10:00から午後4:20で、ヘンプメッズはカンナ・ビレッジにブースを設置します。ヘンプメッズ・チームはブースにてお客様の質問に応え、CBDとヘンプの効能を宣伝します。

ヘンプは、繊維、食物、建築材料、バイオ燃料、バイオプラスチック、そしてもちろんカンナビノイドの供給源として環境的に賢い選択であることが証明されています。ヘンプは木々を守り、廃棄物を減らし、家畜飼育の影響を最小化するのに役立ち、周りの環境を日々守る手段を与えてくれます。

1970年4月22日に初めて開催されたアース・デイはあらゆる職業および地位のアメリカ人20万人を動かし、現代的な環境運動を立ち上げたとして広く評価されています。アース・デイのミッションは、世界中の環境運動を多様化させ、教育し、また活性化することです。今では、アース・デイの活動に毎年1億人以上の人が参加しており、世界最大の市民行事となっています。

ヘンプメッズは、我々が農家に適用する栽培基準を通じて地球保護に尽力しています。ヘンプメッズの非GMOヘンプは全て、土壌や水に浸出するかのうせいのある農薬、除草剤、化学肥料を使用せずに栽培されています。

ヘンプメッズがピュア・ヘンプオイル製品は、持続可能に栽培されたヘンプを使用して作られています。ヘンプは元々豊富にCBDを含んでおり、危険な化学溶剤の代わりに安全な超臨界CO2を用いて、RSHOなどCBDオイル製品を作るためのヘンプオイルを抽出しています。

ヘンプメッズは、我々が栽培しているヘンプならびに生産している製品が環境に最小限の足跡しか残さないことを自負しています。今週末イベントに参加して、我々が住む地球のために何か良いことをすることで、 より持続可能な地球のための認知を上げましょう。