オピオイド中毒のためのカンナビス:予防は、治療に勝ります!

私たちは、痛みとオピオイド中毒の予防のためにカンナビスを検討する必要がありますと、新しい研究が示唆しています。

ハフィントン・ポストは、大麻草がアメリカにおけるオピオイドの危機を緩和する可能性を示唆している研究について調べた記事を公表しました。

1日あたり約40人が処方された鎮静剤の過剰摂取により死亡します。カンナビスは、この統計を変えることができるでしょうか?

コロンビア大学の公衆衛生大学院の研究者は、1999-2013年における、アメリカの18州の交通事故死者のデータを分析しました。彼らは、医療大麻が合法のほとんどの州では、テストした運転手は、オキシコンチンやパーコセットのような処方鎮痛薬を含むオピオイドに陽性であり、致命的な衝突が少ない傾向が見られました。

より多くの人々が慢性的な痛みを治療するために大麻草を使用するように医療大麻を合法化している州では、オピオイドの使用の悪影響は時間とともに減少すると予想されると、この研究の筆頭著者であり、このテーマに関する博士論文で忙しい学生でもある、ジューン・キム氏は述べています。

おそらく若い人の方が、オピオイドをより抵抗なく大麻草に替えるでしょう。

アメリカ公衆衛生雑誌(the American Journal of Public Health)で公表された研究は、医療大麻の法律のある州とオピオイドの使用の間の関係を調べた最初の研究です。著者は、医療大麻の法律は、致命的な負傷をした21歳~40 歳の運転手の間でオピオイドの使用の減少に関連付けられていると述べました。

医療大麻を使用するための最低限の条件は、患者が21歳以上でなければならないことであり、医療大麻を用いている患者のほとんどが45歳未満なので、そのことはデータの強い傾向に影響を及ぼしている可能性があります。著者らは、医療大麻の使用がより古い世代によって受け入れられるようになれば、高齢者の間でオピオイドの使用が同じように減少することを期待しています。

リー教授は、研究は、医療大麻をオピオイドの代わりにする可能性について調べていると言いました。致命的な負傷を負った運転手の毒性試験は、高齢者ではなく若年成人の代替仮説を支持しています。

アメリカは鎮痛剤の流行に直面しています。

アメリカは、オピオイドの処方と売上高が四倍に増加しており、鎮痛剤の使用の流行に直面しています。そして、それは危機をあおる燃料としてCDCによって記述されています。
2014年には、研究により、医療大麻のプログラムを持つ州は、オピオイドの過剰摂取によって引き起こされる死亡が少なかったことがわかりました。多くの証拠は、カンナビスは効果的な疼痛の代替治療薬であることを示唆しています。今年の7月には、大麻草の法律のある州では、少ないメディケアコストで、医療大麻による代替に向けて、鎮痛剤の使用量が低下していることが示されました。

医師が慢性的な痛みを持つ患者にオキシコンチンやバイコディンなどの非常に習慣性の高い鎮痛剤を処方することを思いとどまらせることを目指した、オピオイド処方のための新しいガイドラインがあります。

大麻草の形勢は逆転しました。

州レベルでは、アメリカの25の州は、大麻草の医療的使用を合法化しており、4つ以上のプラスコロンビア特別区は、レクリエーション目的での使用を合法化しています。従って大麻草の形勢は逆転しました。しかし、連邦法が、医療的使用が認められていない物質の一つとしてそれをリストに入れている限り、患者にとってはそれほど違いはありません。

オピオイド中毒のためのカンナビス

より多くの州が、レクリエーション目的の使用すら含めて、より広い意味で大麻草を合法化すると、より多くの研究が行われ、オピオイド中毒のために、カンナビスが顕著な影響与えるのかを確認することができるでしょう。