カンナビスの抽出は様々な方法で行われています-どれが最良ですか?

医療大麻の提唱者であるリックシンプソン氏が、ヘンプやマリファナから石油エーテルやナフサを用いてカンナビノイドが抽出できることを示唆して以来、カンナビスオイルの抽出は、一部の間で議論をかもしており、他の溶媒を用いた実験が行われています。何が問題なのでしょうか?

これらの溶媒は人が摂取した場合、安全ではありません!

カンナビスオイルを抽出するためのシンプソンの方法の問題は、溶媒が実際に発がん性を持つということです。研究者は、溶媒のような基剤または、より優しい素材であるオリーブオイルを用いて、異なる抽出方法の試験を行いました。

その研究結果は興味深いものでした:過酷な溶媒は最も多くカンナビノイドを抽出するように見えましたが、テルペン類はうまく抽出されていませんでした。エタノール抽出とオリーブオイル抽出はカンナビノイドの抽出に関してはそれほど良いとは言えませんでしたが、テルペンレベルが高く、その抽出物は少なくとも人が摂取するためには適していました。

研究は、カンナビノイドレベルが高いにもかかわらず、過酷な溶媒による抽出は危険であり使用すべきではないと結論付けています。オリーブオイルおよびエタノール抽出は安全ですが、高い割合ではカンナビノイドを含んでいませんでした。

カンナビスオイルの抽出は搾取を意味していますか?

これまでに見てきた抽出物の「安全でない」グループと「安全な」グループはどちらも大きな欠点を持っています。過酷な方法はカンナビノイドを与えてくれるかもしれませんが、テルペン類を含んでいませんし、溶媒が適切に除去されていない場合はがんや毒を与える可能性があります。

後者の2つはより優しいですが、含まれているカンナビノイドの濃度の面では非常に良いとは言えません。
しかし、見落としてはならないカンナビスオイルの抽出方法がもう2つあります。コールドプレス法と超臨界CO2抽出法です。

CBDオイル、CBDオイル全体、そして、ただのヘンプオイル

コールドプレス法により抽出されたヘンプオイルは、ただ単に植物から押し出されたものですが、基本的には「絞る」工程なので、純粋なヘンプオイルを得ることができるものの、エッセンシャルオイルの濃度は低いことを忘れないでください。

しかしながら、食品に加えた時のその栄養価という利点を考えると非常に素晴らしい方法です。
もしあなたが、自然に近い濃縮オイルを探しているのであれば、超臨界CO2を用いた抽出方法をおすすめします。実験室の設備で行われるものの、この方法は有毒ではなく、溶媒とは異なり環境への負荷も低いです。

そのプロセスは低温で行われるため、すべての成分:テルペン類、カンナビノイドおよびその他の成分は天然の状態に保たれています。科学的に言えば、これらの成分は抽出のプロセスのあいだに変性(変質)されません。この方法を用いて、選択的抽出を行うこともできます。

たとえば、コーヒーメーカーはデカフェコーヒー(カフェインレスコーヒー)-この工程は、以前は有害な溶媒を用いて行われていました。そのために、超臨界CO2抽出法に目を向けています。

カンナビスオイルの抽出に用いることのできるプロセスに話を戻すと、私たちは、次のような結論を得ることができます。

家庭では抽出を行わないでください。もし、そうしなければならないと思う場合は、エタノール抽出を選択し、正しい方法で行い、その後エタノールを除去したことを確認してください。

強い溶媒を用いて得られた抽出液はすべて注意して下さい。最悪の場合、それらは非常に危険です。
エタノール抽出はより安全であり、このビデオは、家庭でどのように行うことができるか示しています。

オリーブオイル抽出とコールドプレス抽出のオイルは健康的でおいしいですが、体に有益具合は強くありません。

超臨界CO2抽出法は、濃縮された形でヘンプのすべての健康成分を含む純粋なオイルを得るためのゴールドスタンダード(至適基準)です。
大衆が信じていることと反して、医療目的のためのカンナビスオイルの抽出は多くの人が言うほど簡単ではありません。

残念ながら、従来より、主流は溶媒ベースの抽出に向かっています。しかし、今日では、内情に通じている人々は、超臨界CO2法がカンナビスオイルを抽出するための最良の方法であることを知っています。

Endoca社は家庭でのオイルの抽出をおすすめしませんが、市場に多く出回っている「レシピ」の中では、家庭での抽出を試みると決めた人には、ビデオに示されているように適切にエタノールを除去し、フィルター処理を行う、安全なエタノール抽出をすることを提案します。