カンナビスの治療後、アッシュビルの男性が言った癌のためのCBDオイル

アッシュビルの男性は、彼自身の奇跡的な治療の後に、ヘンプオイルが癌に効果があると言います。なぜ科学は大衆文化に追いついていないのでしょうか?

アッシュビルのジョー・グリフィスは、前立腺癌と診断されました。放射線治療を勧められましたが、グリフィスは、他の答えを探すことにしました-そして、一つの答えを見つけました-マウンテンXプレス(Mountain Xpress)が報告します。彼には時間があり、そして、彼の立場では手術の選択肢は、失敗するかもしれないことを考えて、グリフィスは、代替療法を幅広く調べました。その後、友人がカンナビジオールや CBD、精神活性にすることがない癌のためのCBDオイルについて彼に話ました。しかし、それはやはり多くの人が強力な薬であると信じています。

グリフィスは、それを合法的方法で行います

研究した後、グリフィスは、CBD は技術的に合法であると結論付けました。結局、合衆国は、0.3%以上のTHCを含まない、あらゆるヘンプ製品の輸入および販売を認めています。そこで、彼は、オンラインで、純粋なカンナビジオールを購入しました。グリフィスは、3ヶ月間、毎日2回、0.2 gの製品を使用していると言います。その後、彼はもう一度生検を行い、癌は完全になくなっていました。

CBD は癌のための薬ではありません

Xプレスは、グリフィスの回復は、他の原因に起因する可能性があることに言及します。
しかし、グリフィスは、癌を治したのがそれ(CBD)だと強く信じています。現在、彼をバックアップしてくれるような、広くてい科学的証拠がないにもかかわらず、彼は彼の話を広めています。

全面的に-どんな薬物使用者も望まないヘンプも含めて-カンナビスが禁止されているために、研究は制限されています。一握りの研究は「有望な」結果を生み出しています。しかし、FDA による、癌のための CBDオイルが治療薬とみなされるための、十分な証拠はありません。このことはあなたの医療保険がそれをカバーしないことを意味しています。グリフィスは、彼は、はじめに用いたような高用量で用いるための分を買う余裕がありません。しかし、彼はまだ自分自身を良い状態に維持するために、まだ、毎日少量のCBD を摂取していると言います。

あなた自身で栽培することはできません-たとえTHC が低い場合でも

産業用ヘンプには、十分な量のTHC(0.3%)が含まれていませんが、それを栽培することはできません。許可を持つ農家でも、作物の定期的な試験に提供しなければなりませんし、誰もが、何本かの茎を盗んで、おそらくそれを使って紙や素敵なシャツを作ることができないように、所定の位置に安全対策を施さなければなりません。それがハイにならないとするならば、なぜ誰かが盗むというのでしょうか?

ノースカロライナ州の住民は、自分でヘンプを栽培することはできませんが、ヘンプオイルーTHC レベルが非常に低い場合に限り-を持つことができます。FDA によるこれらの使用をサポートするための十分な証拠はまだないにもかかわらず、-癌に関するすべて、発作障害および、クローン病のために-彼らはそれを使用しています。

エックスプレス(Xpress)によると、サクセスストーリーもありましたが、サクセスストーリーは、「逸話的証拠」として数えられ、科学には受け入れられません。プラセボ効果は、治療の最大30%を占めることがありますので、それはかなり正しいことです。それにもかかわらず、多くの人から得られる成功は非常に魅力的であり、現在それ(ヘンプオイル)を治療に用いる癌や他の多くの病気のためにヘンプオイルを使うという考えを確認または反論することで、研究は、大衆文化に追いついていく必要があります。