カンナビスオイルとがん:肝臓がん患者が彼の話を語ります。

カンナビスオイルとがん

日本の末期がん患者は、医療大麻を使用するための最後の手段として刑事告発に直面しています。

山本正光氏は癌にかかっています。また、彼は日本の法廷でカンナビス(大麻草)の所持により刑事訴追を受けています。58歳の彼は肝臓がんを患っており、彼は最後の手段としてカンナビスを薬として使っています。

そして、その結果、肯定的な進展が見られています。彼の話は、カンナビスオイルとがんの調査をしている人にとって興味があるでしょうし、彼は、彼のケースをきっかけに、日本の国会議員が、現在の医療用大麻草の禁止について再考することを期待しています、とジャパンタイムズは報告しています。

明確にカンナビスの薬としての使用を禁ずる法律についての記事

医療大麻の使用を許可するように法律を軟化させている他の多くの国とは異なり、日本は明確にそれを禁じています。

医療大麻を使用した病気の人が、5年までの期間、刑務所に入ると言う法律さえもあります。山本氏は、この法律が人々の生存権を侵害していると言います。

山本氏は最後の手段としてカンナビスに頼る前にすべてのことを試しました

2010年に癌と診断された後、山本氏は化学療法を受けました。しかし、癌は広がり続けました。その後、彼は莫大な費用を費やし、さまざまな代替療法を試みましたが、成功しませんでした。彼は、成功しなかった癌治療の試みに対し合計で約¥7000000(700万円)を費やしてきたと言います。

彼が癌の治療として用いられている医療大麻について耳にしたとき、彼は問い合わせました。しかし、合法的にそれを入手する方法は見つかりませんでした。彼は麻薬の売人を支持したくはなかったので、自宅で自分のための大麻草を栽培し始めました。この農産物を与えたり、売ったりしたことはまったくない、と彼は言います。

腫瘍マーカーは、以前のレベルの20分の1に下がりました

山本氏によると、カンナビスを使用することで気分が良くなり、うつ状態が緩和しただけでなく、腫瘍マーカーが以前のレベルの20分の1に低下しました。しかし、彼が逮捕されて彼のカンナビスが押収されて以来、彼の状態は再び悪化しています。

日本の国立がん研究センターの福田一典博士は、世界のどこかほかの場所でなされた進歩は、カンナビスが、食欲を刺激しつつ、痛み、吐き気、うつ症状を軽減しさえすれば、終末期の病気には有効であることを示していると言います。彼の意見では、たとえ薬効が何もなく気持ちを高めるだけであるとしても、彼らは医療大麻を使用することを許可されるべきです。

日本の立法者は主張し続けます

大麻草の「情け深い使用」を許可するためのさまざまな組織からの呼びかけにもかかわらず、日本のタイムズ紙が取材した日本の役人は、すべてのカンナビスの使用を禁止する法律は今のままで残す必要があると述ました。

彼の懸念は、アメリカのあちこちの論争の中で聞いたものと似ています。医療大麻の使用を許可すると、広範な薬物乱用につながる可能性があり、より強い薬物の導入につながるゲートウェイ効果を持っています。

そして、長期的な影響はまだ明らかではなく、癌のためのカンナビスオイルを支持するような科学的証拠は不完全なままです。

世界保健機関は、いくつかの研究が、カンナビスは治療効果を持っており、また、癌やエイズなどの病気の治療に役に立つことを示しているといいます。
しかし、現在の知識には対処すべきギャップがあるともいいます。

一方、山本氏は、彼の刑事事件が、日本における情け深いカンナビスやカンナビスの研究の必要性に注意を向けさせることを期待しています。

あなたの意見をどうぞ

カンナビスオイルとがんは、現在多くの注目を集めています。山本氏はコンパッショネート使用制度されるべきだと思いますか?カンナビスは本当にがんを治すことができるのでしょうか。

もし、そうでないなら、患者に、カンナビスオイルにより「気持ちを高める」ことを許可するべきだと思いますか?