カンナビスオイルの販売:要するにそれは何ですか?

カンナビスオイルの販売は、医療用大麻が、マスコミで受けている宣伝のおかげで上昇しています。しかし、このことはまた、詐欺、偽の製品、危険な製品、違法なもの、非常に競争力のあるオンライン市場でみんながお互いに相手の方を押しのけるような行為を引き起こしています。

どのようにヤギと羊を見分けますか、そして何を手に入れたのか、あなたが何かを手に入れようとしている場合でも、それをどのように知りますか?

「法的」THC?

どんなオンライン情報があなたに何を告げているかにかかわらず、THCは、特定の州でのみ合法であり、それから、登録された薬局と医師の処方箋からのみ合法的に使用できます。あなたがオンラインでのカンナビスオイルの販売を見て違法な製品を購入する場合は、まったく消費者の権利はありません。

何かを受け取った場合、あなたは法律を破っていることになります、受信したものが標準以下であったり、あなたが支払ったのに何も製品を受けとれなかったりする場合でも、あなたはそれについて何もできないのです。

もちろん、THCがかなり厳しく規制されている主な理由は、その向精神特性のためです。しかし、CBDオイルはどうでしょうか?

カンナビスオイルの販売は合法です

あなたが購入するCBDオイルに、実質的にTHCが含まれていない限り、それは違法な麻薬ではありません。特定の系統のヘンプ中に高濃度で見つかったカンナビノイドであるCBDは、向精神薬ではありません。

FDAはそれを薬とみなしていますが、実際に医学的主張をするメーカーに対してのみ措置を講じています。消費者はターゲットにしていません。

なぜ医学的主張をしないのですか?

マスコミは確かに進行中の研究の結果を取り上げ、ジャーナリストは、多くの場合、研究の結果や個人の逸話的な物語を宣言するためにセンセーショナルな見出しを選択します。しかし、健康補助食品は処方箋なしで販売することができるという法律に付け入るためには、医学的な主張は行えないのです。

それは、健康補助食品メーカーは、この脂肪酸のサプリメントは、心臓発作の可能性を減らすことができますとか、ビタミンCは、一般的な風邪を治す効果がありますと言うことができないことを意味します。もちろん、彼らは非常に頻繁にそのような主張をしますが、彼らは合法性と違法性の間の狭い線の上を歩いているのです。

一方、新聞記者は、このような主張を公然とすることができます。奇妙なことですが、本当のことです。

同時に、FDAが、特にその有効性が疑いなく証明されていないと感じている場合、メーカーが、深刻な病気に苦しむ人々に虚偽の希望を与える可能性のある主張をするのを防ぐことを望んでいることは理解できることです。

一方、多くの患者は、実証済みの治療法で効果が見られないときに、証明されていない治療法を試みる機会を与えられるべきだと感じています。すべての主張に長所と短所があるのです。

公正な取引をする方法

カンナビスオイル販売を提供する企業を探しているときは、次のようなことに気をつけて購入してください。

信頼できる指導者の評価を確認します。
第三者による認定を探します。
%CBDなどの主張を確認します。
溶剤抽出は避けてください。
品質管理方法を限定します。
途方もない主張には気を付けてください。

Endoca社は、ヘンプオイル抽出のコツをマスターするために何世代も費やしてきており、当社の認定製品と、一貫性がある厳格な品質管理評価を正当に誇っています。