カンナビスヘンプオイル-若者の泉?

ヘンプから抽出したカンナビスヘンプオイルは肌の状態を癒し、皮膚を、より若く、健康的に保ちます。また、消化しやすく、非常に栄養価も高いです。

Examiner.comの記事によると、ヘンプからのカンナビスオイルは爪、皮膚、髪の健康に3つの主要な利点があります。カンナビスから派生した、ヘンプオイルは、ALA とGLAの2種類のタイプの酸があり、それら皮膚を癒すことが科学的に証明されています。ヘンプオイルの半分~60%が実はALAです。ヘンプオイルがGLAを含むことを除いて、必須脂肪酸は含まれていません。

オイル中の油脂は皮膚にセラミドという脂質を補充します。セラミドの機能は、皮膚の上層部を結合させ、老化や皮膚のしわと戦います。さらに, ヘンプオイルは、抗炎症性なので皮膚に役立ちます。

その必須脂肪酸は、化粧を除去する時などに皮膚を浄化し、肌に潤いを与えます。そのため、ヘンプシードオイルは、ある種の化粧品で最も広く使用される成分となっています。最後に、ヘンプオイルの必須脂肪酸は、髪と爪を構成するタンパク質であるケラチンの生産を助けます。より強く、弾力があり、潤いがあり、輝く髪は、すべて、ヘア製品にヘンプオイルを使用した結果です。

研究は、カンナビスヘンプオイルが皮膚疾患を癒すことを示します。

テレグラフ(The Telegraph)は、ヘンプオイルが、ステロイドクリームなどの薬を試してうまくいかなかった子どもの重篤な湿疹を完全に治したことを報告しています。オイルの投与をやめると、症状は再発しました。

テレグラフ(The Telegraph)の記事はまた、フィンランドのクオピオの大学メンバーによって行われた、ヘンプオイルと亜麻仁油を摂取した際の利点を比較した研究も引用しています。どちらのオイルも試したボランティアにおいて、ヘンプオイルは抗炎症性であるGLAの有意な上昇を引き起こしました。

研究を行ったジェイス・キャロウェイ博士によると、この効果が、ヘンプカンナビスオイルによる一見奇跡的に見える治療効果を説明するかもしれません。アレルギーや関節リウマチは、ヘンプオイルにより治療されたと逸話的に報告されている2つの症状であると、キャロウェイ博士は述べています。

キャロウェイ博士とその共同研修者は最近の研究で、アトピー性皮膚炎に対するヘンプオイルの影響を調べました。比較のためにはオリーブオイルを使用しました。カンナビスを摂取することで、患者は、皮膚の乾燥とかゆみが軽減され、外用薬の使用頻度が減ったことがわかりました。著者らは、オイル中の2種類の多価不飽和脂肪酸の存在が改善に寄与していると述べています。

ヘンプを食べるための多くの方法

健康的な食事や健康的な肌のためにヘンプオイルを推奨しているある栄養士が引用されていますが、テレグラフ(The Telegraph)のジャーナリストは、ヘンプがオイルとしてしか消費できないわけではないことを指摘します。ヘンプシードは、粉にすることができ、多くの食品のベースとして使用され、浸漬した種子は乳製品の代替品とすることができます。

ヘンプは消化しやすいので、消化器疾患を持っている人でさえも、誰もが問題なく消費できます。さらに、カナダ政府の研究では、ヘンプタンパク質の3分の2が「高品質」であり、その割合はほとんどの植物よりも多いことがわかりました。しかし、多くの人にとって、カンナビスオイルがヘンプを利用する最も便利な方法です。