カンナビノイドはペットの発作を治療することができますか?

ミネソタの大学の薬学の教授であるイロ・レッピク博士は質問します:カンナビノイドは犬のけいれんを治療できますか?

ミネソタ大学の薬学教授であるイロ・レッピク博士は、てんかんの問題点である発作のための効果的な治療法を見つけるために彼のキャリアを捧げています。彼は、2014年に通過したミネソタの医療大麻の法律のために重要な役割を担いました。

「カンナビノイドは犬の発作を治すこともできますか?」

スター・トリビューンは、レッピク博士の最新の熱中の対象を調べました。彼は衰弱や、時には命にかかわる制御できない発作に苦しむ患者のための治療法を見つけることに、彼の人生を費やしてきました。それにより、彼はてんかんのためのカンナビスの治癒力を信じるようになりました。彼の患者の多くは、てんかんに関連する症状を管理するために、カンナビスのピルを摂取しています。

最近、レッピク博士は、カンナビスはペットのてんかんも治すことができるかどうか疑問に思っています。彼は犬が人間よりも高い確率でてんかんにかかっていると言います。そして、彼はカンナビスのピルが効果的に犬も治療することができると信じています。

ペットのための医療大麻の合法化

ペットのための医療大麻を合法化するという考えは新奇な考えです。しかし、獣医の仲間の多くは同意しません。ブルトラグ・アナ博士は躊躇しています。彼女は、多くの州で過去6年の間に医療大麻が許可されて以来、ペットのマリファナベースの製品の過剰摂取の事例が448パーセント増加していると言います。

隠していたクッキーやその他の「メディブルス(medibles)」をおいしく食べた動物は、軽度のケースでも、歩くときに足がぐらぐらし、目がガラスのようにぼうぜんとします。動物のカンナビスの過剰摂取は、震えや発作を引き起こす可能性があります。また、動物の心拍数と血圧を危険なレベルにまで低下させる原因になる可能性もあると、ブルトラグ博士は言います。

彼女は、正しい用量で、動物のためのカンナビス中の化合物の利点を決定するための研究を行う必要があると言います。

一部の人は躊躇しています

ティム・クロエンケ博士は、発作や他の病気の動物のために有効なカンナビス治療がある可能性を排除しないと言います。共通の土台が多いため、獣医と医師の間で多くの共同研究が、行われ始めています。彼はまた、この段階でも慎重を期するといいます。

確信を抱いた一人の患者

繰り返しの、制御できない発作により夜も寝られない経験をした後、カンナビスの治癒力を完全に確信した、レッピク博士の患者の一人は、ドーン・スワンソンです。彼女は痙攣と激しい痛みを管理するために20種類の薬を飲みましたが、どれも効果がありませんでした。

彼女は最終的にレッピク博士に会いに行き、博士は彼女が医療大麻の使用者の良い候補だと思いました。今日、彼女は1日3回、一粒のカンナビスの錠剤を摂取しており、何年もの間、発作を起こしていません。また、カンナビスは彼女の痛みを和らげ、耐えられるようにしてくれます。彼女は運が良ければ2時間寝られただけだったのに対し、今では、夜の6時間、熟睡することができます。「寝られるようになれば、あなたの人生を変えられます」と彼女は言います。

確信を抱いた一人の患者

繰り返しの、制御できない発作により夜も寝られない経験をした後、カンナビスの治癒力を完全に確信した、レッピク博士の患者の一人は、ドーン・スワンソンです。彼女は痙攣と激しい痛みを管理するために20種類の薬を飲みましたが、どれも効果がありませんでした。

彼女は最終的にレッピク博士に会いに行き、博士は彼女が医療大麻の使用者の良い候補だと思いました。今日、彼女は1日3回、一粒のカンナビスの錠剤を摂取しており、何年もの間、発作を起こしていません。また、カンナビスは彼女の痛みを和らげ、耐えられるようにしてくれます。彼女は運が良ければ2時間寝られただけだったのに対し、今では、夜の6時間、熟睡することができます。「寝られるようになれば、あなたの人生を変えられます」と彼女は言います。

動物がCBDを嫌うとは思いません

THCは、ペットにおけるいくつかのカンナビスの過剰摂取を引き起こしています。しかし、何人かの人々は、CBDには副作用がないことを報告しています。

さらなる研究が必要です。カンナビノイドは発作を治すことができますか?最近の試験は、その可能性があることを示しています。
しかし、動物は、研究が行われるまで、医療大麻を待つ必要があります。