サマーガーデンがもたらす4つの健康的な利点

夏がやってきました。そして夏ほど多くの季節のフルーツや野菜を楽しめる季節はありません。小さなバルコニーでも大きな裏庭でも、家庭菜園を作った収穫が楽しめます。

新鮮なフルーツや野菜の宝庫

庭に歩いて行き、摘みたてのトマトを食べるところを想像してみてください。新鮮で熟したフルーツや野菜の供給源を持つことでより健康的な食事を家族に勧めることができ、自然から有益なビタミンやミネラルを得ることができます。

キュウリやレタス、トウモロコシ、カボチャ、サヤインゲン、にんじん などの野菜は、わずかな小区画の土地でも育てるのが簡単で、夏の間中新鮮な食べ物を提供してくれます。

家庭菜園を持つと節約にもなります。地元のマーケットにおける生鮮食品の値段は年々上がり続けており、健康的に食べることを難しくしています。自分で野菜を育てると、野菜を低価格で取り入れることができます。

たくさんできすぎちゃった?収穫物は近所の人とシェアしたり、地元の食料庫や無料食堂に寄付したりできます。


身体活動が増える

家庭菜園は健康的な野菜の安定した供給源となって、あなたのウエストに貢献するだけではありません。夏の間中、活動的になるのにも役立ちます。雑草抜きから、土袋運び、熟した野菜の収穫まで、家庭菜園で過ごす時間は、あなたを外で活動させるでしょう。

生育期が終わりに近づくと作業は少なくなりますが、初期は家庭菜園の準備で過ごす時間はジムでのワークアウトと同じくらい良い運動をもたらすでしょう。作業が終われば、達成感を感じながら家に戻ることができます。

ガーデニングはメンタルヘルスにも活力を与えることができます。植物と静かに作業する時間は瞑想的で、ストレスによる悪影響を軽減し、人生のバランスを取るのに役立ちます。


オーガニックに育てることができる

家で自分のフルーツや野菜を育てる時は、家族に食べさせるものをより管理することができます。化学肥料や農薬を使用されている食品を避けるのもその一つです。家庭菜園を作る時、代わりにオーガニックに育てることを選べます。

農業で使われる化学物質やその健康および環境に対する悪影響について知るにつれ、多くの人が食料の供給源に関して管理したいと思うようになっています。有機堆肥や益虫、非GMOの種子を使うなどのシンプルな行動が、ヘルシーかつ安全で、有害な化学物質の残留物が含まれないことを保証するのに役立つのです。


子供たちに家庭菜園に対する感謝を教える

今日のファストフード文化において、若い世代の人々にとって食べ物がどこからやってくるのか分からなくなるのは簡単です。自分が食べるものを栽培したことに関連する達成感は、子供たちの心の中で健康的な食べ物と健康的な生活のつながりを作るでしょう。子供たちを家庭菜園に呼び込むことで、子供たちは食べ物の仕組みについて学び、自然に感謝をするようになり、また今後の人生でどうやって健康的で持続可能な食べ物を食べていけるのか、見せてあげることができます。

多くのアメリカの気候では、この夏家庭菜園を作ってその収穫を楽しむのはまだ間に合います。また家の中で特別な栽培用照明や水耕システムを用いて、1年中新鮮な食べ物を作ることもできます。