テルペンの構成におけるスパイシーなミルセン前駆体

ミルセンはヘンプなど大麻に含まれる数多くのテルペンの一つです。テルペンは幅広い植物に含まれる植物化学物質類で、ヘンプ草に天然に含まれる数多くの化学化合物のほんの一部です。テルペンは植物の香りや味の原因で、数多くの細胞受容体や酵素の型と相互作用できるため、幅広く使用できる可能性があります。

全草ヘンプCBDオイル・サプリメントを摂取すると、単なるCBD以上の成分を受け取ります。CBDオイルには微量のカンナビノイド、必須ビタミン、ミネラル、脂肪酸、フラボノイド、そしてもちろんテルペンが含まれます。大麻草はそれぞれ、さまざまな組み合わせで数百のテルペンを含んでいます。

ミルセンは通常、良い香りの黄色い油状の液体として入手することができます。チョウジに似た土っぽい味がすることが多く、スパイシーでムスクのような香りがするので、簡単に認識できます。

さらにミルセンは、赤ブドウのようなフルーツの味を含んだり、甘く柑橘系のような味を持ったりすることもあります。ミルセンは、大麻、ホップ、イランイラン、レモングラス、パセリ、カルダモン、ローリエ、タイムなど多くの植物に天然に含まれています。

ミルセンは、細胞膜の浸透性を変化させる、血液脳関門の抵抗を下げる、またCB1受容体の最大飽和水準を増加させることが証明されています。これらの働きは、カンナビノイドやその他テルペンの有効性を向上する可能性があることを意味します。

商用利用においてミルセンは、香りや香辛料産業において幅広く利用されています。他のテルペンや化学化合物と組み合わせて、バルサム、フルーツ、ハーブフレイバーを持つ製品の製造に使用されています。

ミルセンは、大麻などの植物に含まれるその他テルペンの構成に対する重要な前駆体で、人体においてテルペンと同様の作用を多く持ちます。このため、ミルセンは、医学的・商業的、両方における使用や潜在的有用性について綿密に研究されています。