ハシシオイル-あなたが期待しているものは得られますか?

事実を直視しましょう。販売しているハシシオイルがあると主張しているウェブサイトは、何千ではないにしても、何百もあります。

それらのサイトは製品を「合法的なハイ」または「癌の代替治療薬」と偽って販売しています。それらのサイトでは、THCとCBDの濃度を区別しておらず、一般的に、これらの2つの化合物の測定値を決定する品質管理手順の様式がありません。これらのサイトの背後にいる人々は誰でしょうか?彼らの主張は理にかなっていますか?あなたが期待しているものは得られますか?続きを読んで、詐欺にあわないようにしましょう。

主流メディアが医療用マリファナを容認するようになると、それにより一般大衆からの興味が急増しました。マリファナの知識をほとんど持っていない人たちは、「販売しているハシシオイル」をgoogle検索し始めました。

その多くが末期癌患者です。従来の治療がうまくいかなかった人たちです。治療法を見つけるための死に物狂いの試みでは、その不幸な魂は、奇跡の治療を提供することを期待して「販売しているハシシオイル」に目を向けるのです。悲しいことに、患者や深く悲しんでいる患者の家族は、彼らの絶望を介して、いかさま師の毒牙にかかってしまうのです。

販売しているハシシオイルを提供しているすべてのウェブサイトのうちの90%が、実際には詐欺であると推定されます。

それらのサイトは、不正行為を隠すためにどんな手の込んだことでもするプロの詐欺師たちにより管理されています。当局は、これらのサイトにお金を払ってしまい、代わりに何も受け取れなかった人々からの苦情を容易に認めています。そしてそれは急増しています。

インターネットで購入したハシシオイルを受け取った人たちは、製品が希釈されているという苦情を言います。さらに問題となるのは、オイルを製造するために、ブタン(ライターオイル)を用いる抽出方法を行っている台所の化学者の被害者です。この問題は深刻さを増しています!

ハシシオイルの販売詐欺の被害者にならないために何ができるでしょうか?

注意すべき3つの主な警戒のサインです。

1.未承認のオンラインによる提供

最初の警戒のサインの、オンラインの評論のページで、ありとあらゆる人に対して販売しているハシシオイルの提供です。ハシシオイルの製造のためには大量のカンナビスが必要です。これらの提供には、需要を満たすために、生育のための巨大な部屋か広大な面積の畑を必要とします。

多くの国はオンラインでオイルを提供することは違法になるので、このような成長のキャパシティーを持つ人はだれも、完全に見知らぬ人に対し作物やライセンスを危険にさらすようなことはありません。これらの評論を作成しているプロフィールは背景の情報を欠く傾向にあります。彼らには友達がほとんどいないのです。理由は、これらは、シャットダウンされる前にしばしば報告される、ランダムなアカウントだからです。

2. リック・シンプソンやフェニックスティアーズのマリファナ系統のあらゆる記載はマーケティング戦略です。

リック・シンプソンは医療用大麻を用いて癌を克服した人です。彼の話はフェニックスティアーズの本に記録されています。リックは販売しているハシシオイルは提供していません。彼は、他の形態の医療用マリファナも供給していません。彼とは、彼が癌を克服したことを不法に利用している人々が信用を失っていることを喜んでいるフェイスブックのページを通じて、直接コンタクトをとることができます。

3. マリファナの品種の膨大なリスト

これは多くの詐欺師たちの間で、手堅い人気を持っています。彼らは、販売のためのハシシオイル、販売のためのCBDオイル、販売のためのTHCオイル、販売のためのインディカオイル、販売のためのAK47、チーズ、スカンク、パープル・ヘイズ、ダーバン・ポイズン、ハイ・タイムズ・コップ、白い寡婦、およびあなたが想像できるあらゆるタイプを提供します。たいていの場合は、彼らは、魔法のキノコも提供します。かれらは、世界のあらゆる場所に慎重に出荷するのです。

彼らが必要とする大規模な面積の土地は別として、生育室としての巨大なホール、これらの系統などを作り出すための高価な設備、マリファナが禁止されている国への出荷のリスクは、あまりにも危険です。インターポールと地元当局が彼らのドアを数分のうちにたたくでしょう。

結論

もしあなたが販売しているハシシオイルを探しているなら、あなたが期待しているものが得られるか確認してください。
あなたが注文しているものが合法であるかどうか地元当局に確認してください。
会社が正当であることを確認してください。
実在の担当者と直接話すことはできますか?
会社は証明可能な住所を持っていますか?
金額に見合う価値を保証するために、品質管理手順が適切に行われていますか?
会社は専用の研究室を使用していますか?または、命取りになるような疑わしい抽出方法を用いていますか?

要するに、これらの会社は、高い基準とEndoca社の評判に従っているでしょうか?もし、そうでないなら、本当に価値があるものか自問自答してください。

※こちらの記事はENDOCA社の記事を承諾を得て翻訳しています。
日本は大麻取締法が制定されており、法に触れる治療を行うことは断じで推奨していませんので予めご理解をいただけますようお願い申し上げます。