ヘンプが必要とする農薬は他の作物より少ない!

ヘンプは自然の恵みをもたらす種子や、紙、衣類、繊維板の製造に使用することができる茎のために、栽培・収穫される植物です。

ほとんどの作物が生き延び健康に育つように農薬の使用を必要としますが、ヘンプ、またはカンナビス・サティバは農薬を必要としないので稀な植物だと考えられています。

農薬は、雑草、病気および虫などのさまざまな有害物から植物を保護することを目的とする薬物です。しかしヘンプは元々ほとんどの有害物に抵抗性があるため、いかなる農薬も必要としません。

農薬を使用する必要がないのは、人体の健康にとっても環境にとっても良いことです。

農薬は植物の保護には有効ですが、数多くの魅力的でない副作用があります。農薬は、肌や目の刺激、神経系損傷、生殖問題およびがんなど、健康問題を起こす可能性があります。

農家や作業者は最もリスクを負いますが、農薬は作物に残留し、消費者に運ばれることがあります。農薬の粒子は風に乗って拡散されるので、飲料水を汚染したり、近くの土壌を汚染したりすることがあります。

農薬の粒子はまた、花粉媒介の蜂の減少にも関連しています。最後に、農薬の登録および購入費により多くの費用がかかるため、消費者に対する価格も上昇します。

一度ヘンプシードが植えられたら、あまり注意を払う必要はありません。ヘンプは互いに密集して植えることができ、早く、背が高く頑丈に成長します。

ヘンプは密集して育つので、太陽光が土壌に届くのを妨げ、それによって活発的な雑草を寄せ付けません。実際のところ、有害物に対して抵抗性を持つため、ヘンプは他の作物に対する天然の農薬として使用されることもあります。

たとえば、ヘンプは、じゃがいもの疫病菌を予防するために、よくじゃがいもの横に植えられます。さらに農家は、土壌の品質を改善するのを助け、雑草や疫病を抑止するために、他の作物とヘンプを輪作で栽培しています。

オーガニックな作物への関心が高まるにつれ、人々がヘンプの栄養面での恩恵により頻繁に目を向けるようになっても不思議ではありません。製紙、木材、および衣服産業が全て、木やコットンよりもヘンプを選ぶようになっても驚きではありません。