ヘンプメッズが出展するサウスイースト大麻会議&エキスポに来てください

フロリダ州は6月にフォートローダーデールで、この地域で最も重要なヘンプイベントが行われるため、業界インサイダーが集まる大麻界の中心地となります。

サウスイースト大麻会議&エキスポ(SECC)は大麻産業に関する優れた企業間イベントで、ヘンプネットワークの著名人が集まり、新製品やイノベーションの実演や、ヘンプの栽培、マーケティング、使用に関する一流の専門家から学ぶことができます。

サウスイースト大麻会議&エキスポは6月9〜11日に、太陽降り注ぐマイアミのビーチの近くにあるフォートローダーデール・コンベンション・センターで開催されます。

SECCの開催は2回目で、今年のイベントのテーマは「大麻界の未来」です。週末を通して、近い将来大麻が果たす潜在的な役割に焦点を当てます。

SECCは、利用できるヘンプ製品やサービスについてより深く学びたいと考える大麻業界従業員、起業家、投資会社、事業主らを引き込むことが予想されます。

ヘンプメッズ専門スタッフは週末の間ずっと、リアル・サイエンティフィック・ヘンプCBDオイルやディクシー・ボタニカルズを含む受賞歴のあるヘンプメッズ社のCBDオイル製品を実演します。ヘンプメッズ製品は輸入されたヘンプオイルから作られているので、全50州ならびに40ヶ国以上で合法的に購入・使用できます。

ヘンプメッズ・ブースは#609にあります。顧客担当者が、ヘンプメッズがCBDを取り扱い製品に加える方法について話し合うために卸売業者に応対します。

ヘンプメッズ・ファミリーのメンバーも、イベント出席者に大麻に関する情報や専門知識をシェアするためにスピーチを行います。

スチュアート博士は、6月11日(日曜日)の基調演説者の一人です。博士はカンナビノイドの治療的効果に関する膨大な直接体験とともに、大麻が人体に元々存在するエンドカンナビノイドシステムとの相互作用を通じて提供できる有益な特性を明らかにします。

ラウル・エリザルデはメキシコにおいて広く尊敬されている活動家かつヘンプイニシアチブの支援者です。ラウルは、大麻およびその活性成分から作られた薬物の使用および登録目的の臨床試験を許可する法案の可決を助けるための努力のため、メキシコ大統領エンリケ・ペニャ・ニエトによって公式に感謝されています。
ラウルは障害を持つ娘の父親としての個人的体験、どのように娘の奮闘が家族に影響を与えたか、そして同じような境遇にある家族を支援するためにポル・グレース・ファンデーションを設立した後どのように医療大麻コミュニティーに導かれたかについて、体験談をシェアします。

ぜひヘンプメッズ・ブースに立ち寄り、直接ヘンプオイル製品をお試しください。週末を通じて専門スタッフが、ヘンプメッズ製品やヘンプから作られたCBDの効用に関する質問にお答えします。

フロリダ州フォートローダーデールで皆様にお会いできるのを楽しみにしています。