ヘンプメッズについてあなたが知らなかった8つのこと

1.ヘンプメッズは最初の主流なCBDオイル・サプリメントを製品化

2012年、国中が医療および娯楽用大麻に注目するなか、ヘンプメッズはカンナビノイドを大衆にもたらすCBDサプリメントシリーズで、アメリカで最初のCBDオイル市場を開発するのに大忙しでした。

ヘンプメッズはこの精神作用しないカンナビノイドの利点とその入手可能性を認知し、住む場所にかかわらず全ての人にカンナビノイドへのアクセスを提供するミッションに乗り出しました。

2.ヘンプメッズは全50州および40ヶ国以上で販売

各州の医療大麻法にかかわらず、CBDオイルの使用はアメリカ中で合法です。ヘンプメッズの製品はヨーロッパ産ヘンプから作られ、ほんの微量しかTHCを含まないため、全50州および40ヶ国以上の国際市場で健康補助食品として販売することができるのです。製品を入手するために州に登録したり、医師から処方箋をもらったりする必要はありませんが、摂取を開始する前にサプリメントの摂り方について医師に相談することをお勧めします。

3.ヘンプメッズはラテンアメリカの複数の国で有益なCBD製品を導入することに成功

ヘンプメッズは、ラテンアメリカの数ヶ国に対して CBDオイル製品を処方薬として輸出した最初の企業です。

ヘンプメッズのRSHOは最初、ブラジルに住む少女アニー・フィッシャーの両親が娘のためにブラジルにRSHOを持ち込む権利をかけて政府と闘った後、ブラジルの保健局ANVISAによって承認されました。たった3日間法廷で闘った後、アニーから RSHOを取り上げるのは“非人道的”であると発表され、この決断はブラジルにCBDオイル製品の市場を開きました。RSHOは今ブラジルにおいて、4つの異なる病気に関する政府助成処方薬として受け入れられています。

RSHOがブラジルで受け入れられてすぐ、同様の話がメキシコで起こりました。ラウル・エリザルデは娘グレースのためにヘンプオイルを輸入しようと必死で、メキシコの保健局 COFEPRISに嘆願しました。その結果、メキシコはCBDの輸入を認めることを決めました。しかし、CBDオイルにTHCが全く含まれないという条項付きの決定でした。そこでヘンプメッズはTHCを含まない初のCBDオイル製品RSHO-Xを、特別にメキシコ市場のために開発しました。THCを含まないRSHO-Xは現在、全てのヘンプメッズ顧客が入手することができます。

我々の国際支社、ヘンプメッズ・ブラジルとヘンプメッズ・メキシコはこれら2つの特別な市場に密接に役立つために作られ、我が社のバイリンガル・チームがいつでも顧客の質問に答えられるよう常設しています。

4.ヘンプメッズはCBDが注入された製品の完全シリーズを提供している

ヘンプメッズ製品シリーズはエンドユーザーを想定して設計されています。したがって、ヘンプメッズのCBDオイル製品はそれを使用するお客様と同じように多様なのです。1mgから120mgまで幅広い効力のサプリメントがあり、販売店でお客様は自分のニーズに合ったCBDサプリメントを見つけることができます。ヘンプメッズ製品の多くはペパーミントやシナモンなどの天然フレイバーの味付けがされているので、お客様はサプリメントを日常に取り入れる複数の選択肢から選ぶことができます。最後に、ヘンプメッズ製品は、味付きチンキ剤、CBD入りバス・ビューティー製品、ピュアCBDオイル、ヴィーガン・カプセル、外用軟膏、MCTオイルブレンドなど複数の形で入手することができます。

オンラインショップには多くの選択肢があるので、お客様のライフスタイルに合うCBDオイル・サプリメントを簡単に見つけられます。

5.ヘンプメッズは3回の研究所検査を行う

CBDオイル・サプリメント市場のパイオニアとして、ヘンプメッズはそのプロセスや技術を一から築きあげなければなりませんでした。それには全てのお客様にヘンプメッズ製品の品質・安全性を保証するための手段の開発も含まれます。

ヘンプメッズはCBDサプリメントにおける信頼を築くためにヘンプオイルの厳しい検査基準を設けました。完成した製品が化学物質や重金属などの汚染物質を含まないことを実証し、また十分なCBD量があることを保証する3回の研究所検査プロセスもその一つです。

ヘンプメッズのCBDオイルはまず収穫後に検査されます。化学肥料、除草剤、農薬を使用せずに栽培されていますが、お客様の健康と安全を守るためにヘンプは検査されます。加工するためにヘンプオイルをアメリカへ輸入した後、ISO/IEC 17025:2005公認の検査機関でカビ、白カビ、真菌、大腸菌、サルモネラ菌、マイコトキシンならびに重金属などの汚染物質が含まれないか再び検査されます。そして製品が調合され、配送される前、全製品の最善の安全基準を保証するために最後の検査を受けます。

6.ヘンプメッズは天然植物成分を使用している

お客様が自分の体に何を入れるか気をつけていることを我々は理解しているので、ヘンプメッズには最良の成分のみを使用しています。ディクシー・ボタニカルズ・チンキ剤のペパーミントオイルやシナモンオイルも、カンナビス・ビューティー・ディファイン・スキンケア製品のビーボン・ハーブエキス・ブレンドも、全ヘンプメッズ製品において、全て再生可能な天然成分を源としていることを誇りにしています。

7.ヘンプメッズはTHCを含まないCBDオイル・サプリメントを作った最初の企業

ヘンプ作物はその栽培方法や栽培された遺伝種にかかわらず、微量のTHCを含むオイルを生み出します。

メキシコに参入する際、ヘンプメッズはメキシコの厳しい規制に見合うためTHCを含まないヘンプオイルを作る方法を見つける必要がありました。我々は製品内のCBDを分離することによって、THCを含まない初のCBDオイル製品RSHO-Xを生成することができるようになりました。

このTHCゼロのRSHO-Xは今、全てのお客様が入手することができます。または微量でもTHCを避けたいと思う人にとのCBDサプリメントとして最適です。RSHO-Xは、スポーツ選手に関するWADA規制を満たしており、軍人およびfirst respondersも使用することができます。

8.ヘンプメッズは還元する

カンナビノイドに関する「全ての人にアクセスを」というミッションの一環として、ヘンプメッズはさらなるアクセスを可能にする信念に対して積極的に出資しています。ヘンプメッズの博愛は、ホープ4ハーパー「希望のためのラン」のようなイベントや#CTE治療運動のような草の根キャンペーンの後援から、カリフォルニア州の修正案64大麻合法化の取り組みへの寄付まで多岐にわたります。娯楽用であろうと医療用であろうと、大麻草に自然に含まれるカンナビノイドへ人体が制限なくアクセスできる未来を見ています。コミュニティーへの還元や研究への出資は、ヘンプメッズがそれに役立つことのできる手段なのです。