ヘンプメッズは国を変えるために尽力します!

つい先日は4月20日でした。4月20日は大麻使用者にとっての祝日です。これは小さな友達の集まりとして始まり、国際的な運動にまで発展しました。5月に入り、また別の国際的運動が発展しつつあります。これはアメリカにおけるヘンプと健康に関する新たな見方を推進するものです。そしてヘンプメッズは国を変えるために尽力します。

ヘンプメッズのリアル・サイエンティフィック・ヘンプCBDオイルは、ヘンプ運動がアメリカに押し寄せる一方で、ニュースに取り上げられています。アメリカにおけるヘンプの未来を変えることは、簡単な任務ではありません。一部の情報が足りていない国会議員や市民から抵抗されるだけでなく、私たちの業界自体が持つ議論も不必要な障害を引き起こします。

目下の論点は、昨年発表された「ヘンプCBDオイル・ハスラー」という誤った記事です。この記事は誤っていることが証明されており、間違いを犯した検査会社スチュワート・エンヴァイロメンタル社のCEOは調査結果を撤回しました。

問題なのは、「ハスラー」という単語に多くの定義があることです。辞書に最初に載っている定義は「成功することを確信している野心的な人。野心家」です。2つ目の定義はいくらか軽蔑的です。ですから、ある意味、「ヘンプCBDオイル・ハスラー」という記事の名前は正しかったのです。

ヘンプメッズは並外れて素晴らしい製品を市場に届けるために尽力し、消費者の生活に影響を与えることに成功しました。ヘンプメッズ・スタッフの精力的な努力やリーダーシップを考えると、1番目の定義のみが当てはまるでしょう。

ヘンプメッズが自らの戦いを戦う一方で、ヘンプ運動の他の人々は 集会を企画したり、国会議員と接触したりしています。草の根社会運動で健康の一面を変えていきます。

ヘンプメッズはこの文化的進化の最前線にいます。ケンタッキー州など多くの州が参加し、またミッチ・マコネルやランド・ポールなど一部の国会議員が進んで取り組んでいます。そしてその間、ハスラーという言葉の1つ目の定義に該当する企業家その他は、ヘンプの文化的そして貨幣価値を認識しています。