ヘンプメッズ・メキシコが成功した最初の1年を祝う

日頃よりボタニカルサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ヘンプメッズ社の国際流通会社ヘンプメッズ・メキシコが成功した最初の1年を祝う

メキシコやその他ラテンアメリカ諸国にCBDオイルを配送する任務を負っているヘンプメッズの国際支部ヘンプメッズ・メキシコにとって、歴史的な最初の1年でした。ヘンプメッズ・メキシコはメキシコ初の商用CBDオイル製品を提供し、メキシコやラテンアメリカの方に対するCBDのアクセスを向上し、またメキシコ国内のヘンプ改革議論の形成において重要なイベントに参加しました。

ヘンプメッズ・メキシコは重大な法的および運搬上の障害を乗り越え、メキシコ人に対してCBDオイル製品を提供する初めての会社となりました。それまでメキシコは、いかなるヘンプベース製品も国内で合法的に販売することを認めていませんでした。

ヘンプメッズ・メキシコが1周年を祝うこの機会に、我々は最初の12ヶ月間に達成したことを振り返り、メキシコにおける状況の変化が来年以降ヘンプメッズにとってどんな意味を持つのか触れたいと思います。

メキシコで初めて患者にCBD製品を配送

ヘンプメッズ・メキシコの1年は2016年1月31日の会社設立に始まりました。メキシコで初めてヘンプベース製品を流通させた会社となり、メキシコやアメリカの全国ニュースで報道されました。

メディカル・マリワナ社は、主力製品であるTHCを含まないRSHO-XがCOFEPRISによって初めてメキシコへの輸入を認められた唯一の製品となった後、ヘンプメッズ・メキシコを立ち上げました。メキシコの保健局であるCOFEPRISは5歳のマリア・パウラと11歳のアリナ・マルドナド・モンテスに対して2月に、初の政府によるRSHO-X輸入認可証を発行しました。

アリナの父アベラルドは娘の輸入許可証を受け取るために、往復16時間の旅路をバスに乗りました。アベラルドの旅を捉えた映像は、メキシコでCBDのアクセスを求めて闘う家族の葛藤に焦点を当てたドキュメンタリー「Crisis」に収録されました。

初めてTHCを含まない商用 CBDオイル

メキシコにCBDオイルを流通させるため、ヘンプメッズはメキシコ政府が定めた厳しい規制に合うために新しい製品を作る必要がありました。メキシコ政府は、いかなる量のTHC、ヘンプオイルに含まれるほんの微量のTHCも禁止しています。ヘンプメッズはメキシコの規制に準じるために、THCを完全に含まない初めてのCBDオイル製品RSHO-Xを革新しました。その後ヘンプメッズは世界中の全顧客に対して、この非常に人気のあるTHCを含まないRSHO-Xを開放しています。

ポル・グレースとの協力

ヘンプメッズ・メキシコは、ポル・グレース・ファンデーションの由来となったグレース・エリザルデの家族と親密な関係を築きました。グレースはメキシコで初めてCBDオイルを合法的に使用した患者で、知らないうちにメキシコにおけるCBD運動を促進し、それによってCOFEPRISがメキシコの子供にCBDオイルの使用を認可し始めることにつながりました。

グレースの父ラウル・エリザルデは、グレースやその他同様の子供たちのためにCBDのアクセスを促進するためにポル・グレース・ファンデーションを立ち上げました。メキシコで最初のカンナビジオール支援グループであるポル・グレース・ファンデーションは、ヘンプメッズ・メキシコと密接に協力して、関心を持つ患者がRSHO-Xを入手するのを助けています。

ポル・グレース・ファンデーションについて論じるなかで、ヘンプメッズ・メキシコ社長のディオン・マークグラーフはこのように話しました。「我々はこれからもポル・グレース・ファンデーションをサポートし続けます。ポル・グレースは、大麻の力、特にCBDヘンプオイルについてメキシコの人々に教育することにおいて非常に有効であることを示したからです。ラウルとポル・グレース・ファンデーションはメキシコにおける大麻運動の先端で、大麻について人々がこれまで持っていた間違った偏見に目を向けています」

ラウル・エリザルデがメキシコ大統領と面会

メキシコの大麻政策の推移においてポル・グレースが果たしてきた役割の重要性を強調するため、ラウルは4月にペニャ・ニエト大統領が出席するステージに招かれました。ラウルは、大統領がメキシコの大麻の医療使用に対してより思いやりのある姿勢を追求していくことを発表する前に、娘におけるカンナビノイドの効果について情熱のこもったスピーチをしました。

新たなリーダーシップ

ヘンプメッズ・メキシコは、メキシコでさらに拡大していくための取り組みのなかで複数の重要な雇用を行いました。ヘンプメッズ・メキシコは、大麻業界25年のベテランであるディオン・マークグラーフを社長に指名しました。また運営部長としてカルロス・ゴンザレスを迎えました。

ゴンザレスはメキシコにおける経験豊かな弁護士兼関税法専門家で、ヘンプメッズ・メキシコとその顧客が必要とする行政的障害について優れた知識を持っています。ゴンザレスはヘンプメッズ・メキシコの全体的な日常業務に対して責務を負っています。

マークグラーフはヘンプメッズ・メキシコの社長に任命される前、ヘンプ産業における成長をサポートするために設立された私立株式会社ジェネラル・ヘンプLLCの事業開発コンサルタントとして働いていました。その間、マークグラーフはメキシコの大麻市場を開くこと、ならびにメキシコにCBDを導入する点において重要な働きをしました。マークグラーフはまた、ヘンプメッズ・メキシコがメキシコの大麻改革におけるチャンピオン、すなわちラウル・エリザルデとそのポル・グレース・ファンデーションと協力関係を結束させるのを助けました。ポル・グレースは、メキシコにおけるCBDオイルへの医療ケア・医療アクセスを得る権利を保障するために闘う優れた団体です。ディオン・マークグラーフはヘンプメッズ・メキシコの社長として、メキシコの防疫官、国会議員、医師および患者に影響力を届けるために企業を代表します。

メディカル・マリワナ社CEO、スチュアート・ティトゥス博士は、マークグラーフの可能性を認識してこのように話しました。「我々はディオン・マークグラーフ氏が子会社ヘンプメッズ・メキシコの社長となることに興奮しています。大麻業界を活性化する運動におけるマークグラーフ氏の幅広い経験は、我々がメキシコ政府と直接協力してメキシコの人々へのCBDオイル製品のアクセスを安全かつ合法的に提供するなかで素晴らしい財産となります。さらにマークグラーフ氏は、国中にCBDベース製品にアクセスできる機会を広げるための業務の追求に役立つでしょう。それには、医療大麻の効能に関する大量の情報を患者・医療専門家に教育するさらなる手段の開発も含まれます」

メキシコシティーの教育シンポジウム

2016年、ヘンプメッズ・メキシコは「カンナビジオール、医学的および治療上の用途」と題されたCBDの効能に関するメキシコ初のナショナル・シンポジウムを主催しました。著名なメキシコ人医師サウル・ガルザ・モラレス博士が、CBDの効能についてイベントでスピーチし、てんかんの子供におけるCBDの有効性に関するモラレス医師の最新の独自調査から説得力のあるデータをシェアしました。「カンナビジオール、医学的および治療上の用途」は、カンナビジオールについて、また患者に対するRSHO-Xの処方の仕方についてメキシコの医師が学ぶ優れた教育機会を提示しました。

ラテンアメリカへのさらなる拡大

ヘンプメッズ・メキシコはまた2016年、アルゼンチン、チリ、コロンビア、パラグアイなど、複数の新たなラテンアメリカ市場の開拓のために働きました。ラテンアメリカにおける医療大麻に関する意見の波が変化し続けるなか、ヘンプメッズ・メキシコは医療大麻を最も必要とする人々にアクセスをもたらす取り組みのなかで活動家や患者たちと協力していきます。

「全ての人のためのヘンプ」メキシコ上院イベント

ヘンプメッズ・メキシコは、10月にメキシコ上院庁舎の2階テラスでメキシコ上院が開催した歴史的展示会「全ての人のためのヘンプ」における主要な出展者でした。展示会はオープン・スペースで行われ、医療大麻支援者はメキシコ国会議員およびメディアの双方に対して、医療大麻の数多くの治療上利点について情報を共有することができました。

「我々はヘンプについてもっと知るための機会をメキシコ上院が取っていることについて喜ばしく感じており、市民に恩恵をもたらす完全な大麻改革法案をまとめるため、そしてメキシコの医療に関する思いやりのある姿勢を維持するためにメキシコ国会議員が今後も協力していくと楽観しています」ヘンプメッズおよびヘンプメッズ・メキシコの親会社であるメディカル・マリワナ社CEOのティトゥス博士はこう話しています。

大麻改革と新たな方針

メキシコの国会議員は2016年12月に、メキシコにおける重大な医療大麻改革法案を可決しました。この新たな医療大麻法は、メキシコの規制薬物リスト内の大麻に関する複数の分類変更を行ったことにより、 多様な大麻製品の種類に対する アクセスを開放します。それにはメキシコ初となるTHCを含むものも含まれます。この改革イニシアチブはメキシコ元老院で可決され、投票のために現在は下院議会に渡っています。これが2月に可決されれば、改革法案は法律として成立し、大麻の医療使用に関する規制を緩和します。

医療大麻法における改正は、ヘンプメッズ・メキシコがTHCを含まないRSHO-Xを流通し続けるのと同時に、メキシコに全商品シリーズを輸入し始める素晴らしい機会を作ります。2017年は前途有望な環境となるでしょう。

ヘンプメッズおよびヘンプメッズ・メキシコは、メキシコの患者にCBDオイルを提供する機会に感謝しており、CBDを必要とする人が入手できることを保証するためにメキシコの医師、患者、政策立案者と協力して新たな実りの多い一年を過ごすのを楽しみにしています。