ヘンプメッズCBDオイル製品を使える7つのスポット

幅広いお客様のニーズに合うように調合されたヘンプメッズ製品は多様なので、製品を使用できる場所に関して制限はありません。すなわち、1日のうちにCBDサプリメントを摂る時間を作るのはこれまで以上に簡単である、ということです。本記事では、CBDオイル製品を摂ることができる7つの意外な場所を紹介します。

1.キッチン

料理好きの方には、CBDを料理の創作に取り入れるのにヘンプメッズのRSHO MCTオイル・リキッドがぴったりです。持続可能に供給された中鎖脂肪酸トリグリセリド油と組み合わせて作られたRSHOリキッドは、スムージーからコーヒー、スープ、サラダ、アサイーボウルまで、何でも作るものに取り入れられ、またココナッツオイルなどの素材と置き換えることもできます。

2.職場

アメリカ合衆国労働統計局によると、アメリカ人は1日平均8.8時間を職場で過ごします。これは生涯のうち30%近い時間を職場で費やしていることになります。これほど多くの時間を1ヶ所で過ごしているなら、職場でCBDを摂るのは自然なことです。

コーヒーブレイクでもランチ休憩でも、RSHOピュアCBDオイル口内外用器で高濃度CBDを摂取するのに必要なのは1分だけです。グリーンラベルが持つ1分量あたりCBD50mgからRSHOスペシャルラベルの1分量あたりCBD190mgまで効力は幅広く、このヘンプオイル口内外用器は高濃度のCBDを摂取する最も効率的な方法です。ヘンプメッズのCBDオイル製品は精神活性作用が無いので、仕事中でも安全に使用できます。

3.外出中

ヘンプヴァップのスーパースリムなヘンプオイル・ペン型ヴェポライザーは、非常に目立たないスタイルなので、実質的にどこでもCBDの摂取を可能にしてくれます。ヘンプヴァップのアトマイザー・カートリッジは、チョコレートミント、グレープ、サワーアップル、ハニーデュー、パパイア、ストロベリーなど多様な美味しいフレイバーが揃っています。ヘンプヴァップのスターターキットには、電池、USB充電器、2つの使い捨てカートリッジを含む必要なものがすべて入っています。

しかし、ヘンプメッズ製品の中で公衆の中で使用する時に最も目立たないのはキャンチュウCBDオイル入りチューインガムです。ほとんどの人々が自然にするガムを噛むという行為を利用して、総天然のミント味ガムに50mgのヘンプオイルを追加し、1個あたり10mgのCBDを提供しています。友人との食事後や映画館に入っていく時などに自然に噛むことができ、キャンチュウのヘンプオイル・ガムは人の注意を引くことなく1日10mgのCBDを摂取することを可能にします。

4.バスルーム

サイバダームやカンナビス・ビューティー・ディファインなどのブランドは、バス&美容ルーティーンにCBDオイルを取り入れさせてくれます。

サイバダームはCBD入りバス製品シリーズで、ヘンプ・フレッシュ・ボディウォッシュ、ヘンプ・クリーン・シャンプー、ヘンプ・ソフト・コンディショナー、ヘンプ保湿ハンドクリーム、ヘンプ・ノリッシュ・ボディローションなどの製品があります。これらの製品は、お風呂やシャワーの時にリフレッシュしたり、保湿したりするのに使用することができます。

バスタイムの後はカンナビス・ビューティー・ディファインのアンチエイジング・ビューティー製品を使うことができます。肌に滋養を与え、守るためにCBDオイルと植物エキスを自社ブレンドして作られたカンナビス・ビューティー・ディファインは、肌を若々しくなめらかで、輝くように美しくしてくれるでしょう。

5.アウトドア活動

ハイキングでもサイクリングでも、アウトドアでの1日は身体を現界まで酷使することがあります。ディキシー・ボタニカルズやサイブデックスのCBDオイル・チンキ剤の爽やかなスプレーを使って休憩するのはいかがですか?

チンキ剤には無味、上品なバニラ、スパイシーなシナモン、爽やかなペパーミントなどのフレイバーがあり、アウトドア活動中のハプニングに準備できるようにGPSや万能工具、救急箱と一緒に、1、または2オンスの瓶をスッと入れておきましょう。1分量あたりのCBD量はほんの1〜3mgなので、このCBDオイル・チンキ剤は、タフな山登りなどの最中でも、体内のCBD量を保つのに役立ちます。

6.バケーションで

旅行中の冒険の中でCBDカプセルほど簡単に持ち運びできるCBDオイル製品はありません。この便利なカプセルはディキシー・ボタニカルズ、サイブデックス、RSHOから出ており、1個あたり25mgのCBDを含んでいます。また摂取量を測る必要がないので、CBDを摂るために忙しい旅程を妨げません。グラス1杯の水で1日2回、カプセル1個を飲み込むだけでよいのです。

カプセルは液体でもジェルでもないので、パッキングも簡単で、飛行機に乗る時でも安心してチェックポイントに預けられます。カプセルは次の旅行をする時にCBDサプリメントを持ち運ぶ賢いチョイスです。

7.軟膏 —ジムで

ジム通いは健康的な習慣です。しかしジムの運動は身体を疲れさせてしまいます。RSHOまたはディキシー・ボタニカルズのヘンプオイル軟膏1.3オンスは、いつでも必要な時に手元にあるようにするために、ジムバッグやロッカーに入れておくことができます。ワークアウトの前後に、筋肉や関節などの気になる場所にCBD軟膏を塗り、マッサージしましょう。

さあ始めよう

ヘンプメッズのCBDオイル・サプリメントを始めるのは、単純で便利です。全製品がオンラインショップで購入でき、アメリカ全土ならびに40ヶ国以上に配送できます。CBDやCBDオイル製品についてもっと知りたい方は、CBD教育ページを開いてください。