ベビーブーム世代によるCBDオイルの摂取方法

ベビーブーム世代はアメリカ人口の1/4を表します。アメリカで1946年から1964年の間に生まれた約8000万人で、毎日10,000人が65歳になっています。これほど多くの人が定年以上に達するなか、健全な老化を促進するためにベビーブーム世代に健康的なサプリメントを提供することがますます重要になってきます。

本記事では、恒常性を作るために年長者の生活にCBDオイルを有益に取り込む方法について考察します。

CBDについて分かっていること

アメリカ政府は、カンナビノイドに関する特許において、カンナビジオール(CBD)およびその他カンナビノイドの有用性を認識しています。特許6,630,507として認定された「抗酸化剤および神経保護剤としてのカンナビノイド」は2003年にノーベル賞受賞者ジュリアス・アクセルロッドに授与されました。これには、CBDなどのカンナビノイドの有益な校歌が記載されています。

この特許の記載 によると、「カンナビノイドはNMDA受容体拮抗とは関係なく、抗酸化特性を持つことが明らかになりました。カンナビノイドは神経保護剤として特定の適用を持つことが発見されました。…カンナビジオールなど精神作用しないカンナビノイドは、毒性を避けるので、使用するのに特に有利です」

政府の特許によると、CBDなどのカンナビノイドは抗酸化剤として作用します。これと同様に、特許‘507でも、潜在的な神経保護剤としてカンナビノイドの能力を認識しています。

カンナビノイドは日常的に環境に露出していることで人体が受ける毒素によるダメージに対して逆に作用します。全体的に、CBDなどのカンナビノイドは、睡眠、食欲、免疫反応といった機能に貢献するエンドカンナビノイドシステムとの相互作用を通じて、人体のバランスや恒常性を促進します。

CBDオイル製品

ヘンプオイル製品を使った数多くのカンナビノイド摂取方法があります。

ヘンプメッズの主力製品はRSHOピュアCBDオイルです。最小限の加工が施され、添加物を加えていないRSHOヘンプCBDオイルは、ヘンプメッズの中で最も高濃度のCBDを含み、また3つの異なるラベルから選ぶことができます。

グリーンラベルRSHOは、ヘンプ草の元々の化学構成に最も近いヘンプオイルで、CBDとCBDaをバランスのとれた割合で含みます。ブルーラベルRSHOは、グリーンラベル・オイルを脱炭酸過程に通して、より高濃度のCBDをもたらします。最後にゴールドラベルRSHOは、ブルーラベルをさらにろ過して余分なワックス、クロロフィル、植物原料を取り除き、精製された黄金色のオイルを作り出します。

RSHOリキッドは、健全なココナッツオイルと持続可能に供給されたパームオイルからできたMCTオイルをCBDオイルのキャリアオイルとしてブレンドしています。RSHOリキッドは、生の状態のグリーンラベル、脱炭酸されたブルーラベル、ろ過されたゴールドラベルがあり、CBDを体内に取り入れるための万能な製品です。

ヘンプヴァップのペン型ヴェポライザーは、おしゃれで目立たないCBDオイル製品です。タバコや一部のヴェポライザーとは異なり、ヘンプヴァップ製品は煙を作り出さず、ニコチンも含みません。その代わり、1日中CBDを身体に取り込める携帯しやすい製品です。

またヘンプメッズは、爽やかなミント味のCBDオイル・チューインガムもご用意しています。1粒あたりCBDを10mg含むキャンチュウのヘンプオイル・ガムは、お客様に人気のサプリメントです。32個入り箱は、8個ずつのブリスター・パックに分けることができ、CBDを持ち運びやすくします。

またオンラインショップには、RSHO、ディキシー・ボタニカルズ、サイブデックスを含む複数のチンキ剤ブランドがあります。チンキ剤は低効力の製品で1分量あたり1mgほどのCBDを含みます。CBDサプリメントを取り入れるコスト効率の良い製品です。

最後に、すでにビタミン剤を摂っている人には、CBDオイル・カプセルが自然なチョイスでしょう。朝、他のサプリメントと一緒に1つカプセルを追加すれば、25mgのCBDを食事に取り入れることができます。CBD摂取量を上げるには、夜寝る前にもう一つのカプセルを摂るとよいでしょう。