リッチヘンプCBDオイルとは何ですか?

リッチヘンプCBDオイルとは何ですか?個人的な評価

リッチヘンプCBDオイルに関して言えば、どのくらいの誤報が出回っているのか考えると衝撃的です。最近、会話の中でリッチヘンプCBDオイルが話題に上がりました。無知な発言が飛び交うことが信じられませんでした。以下が実際になされたコメントです。

リッチヘンプCBDオイルとは何でしょう?麻薬の一種のように聞こえます。確かにそれは違法に違いありません。私は、その素材で向精神活性になることができると聞きました。隣の犬はCBDオイルを食べて死んだんだと思います。ええ、リッチヘンプCBDオイルはブラックマーケットでだけ、買うことができます。それは大金がかかります。

だから、それはゴールドCBDオイルと呼ばれます。CBDオイル?それは、アラブ人が支配しているものですか?アフガニスタンの戦争のようなものですよね。ヘンプはちょうど麻薬と言い換えられます。だから、CBDオイルは麻薬です。あなたはオイルを吸うことはできますか?

煙が晴れて私の主張が認められるまで、激しい議論が応酬されました。私は、グリンピースアジェンダを強制しようとしている、マリファナを吸うヒッピーではないことを説明しなければなりませんでした。私の友人たちが、私が、実際、かなりの話題について非常に見識があることを信じてくれるまで、私の方では、かなり苦労しました。

幻惑されて

ひとたび彼らが落ち着くと、彼らの表現は、有名なレッド・ツェッペリンの曲「幻惑されて」を思い出させました。彼らは、長年間違った情報を信じていたことを受け入れるのに苦労しました。

「みなさん、」と私は言いました。「信じていたことを覆してしまってすみません。リッチヘンプCBDオイルは麻薬ではありません。変装した悪魔でもありません。植物オイルに過ぎません。それにより死ぬことはありません。また、それにより酔うこともありません。怪しげな麻薬密売人でいっぱいの秘密のブラックマーケットはありません。もし、リッチヘンプCBDオイルについて知りたいならば、私が説明しましょう。」

彼らは私が続けるのを待って、ポカンと見つめていました。彼らは、サンタクロースが本当でなかったことを知った時に子どもががっかりしたような顔をしていました。私は、彼らをもう一度わくわくさせたいと思いました。サンタが存在しないからというだけで、クリスマスを台無しにする必要はありません。あなたはまだプレゼントをもらえないのですか?それでは、リッチヘンプCBDオイルとは何でしょうか?

ヘンプ、マリファナ、カンナビス

「最初に理解しておくべきことは、」と、彼らに言いました。「ヘンプとマリファナはどちらもカンナビスファミリーに属するということです。」

私は突然ブレットに遮られました。「見てください。私は、ヘンプは麻薬を別の言葉で言っただけのものだといいました。これは、マリファナで、あなたに害を及ぼします。」

「いいえ、ブレット」と答えました。「それはあなたが間違っています。ヘンプとマリファナは同じ属に属していますが、それらは非常に異なる植物です。ヘンプは、人間に影響を与えるのに十分な量のTHCを生成しないという点でマリファナとは異なります。ヘンプは非精神性です。」

ぼうぜんとして混乱した表情が返ってきました。私は彼らに理解されず、別のアプローチが必要でした。

猫とライオン

「見てください」私は言いました。「これはとても簡単なことです。このように考えてください。猫とライオンは関連があり、ネコ科に属していますが、彼らは非常に異なる動物です。ヘンプとマリファナは、カンナビスファミリーに属していますが、2つは非常に異なる植物です。ヘンプは、あなたを酔わせることはありません。」

私は意味が通じたことがわかりました。金髪の友人たちも何とか概念を把握できました。私は楽観的にならないように気を付け、あえて話を続けました。この人たちが用語を理解することが難しいことがわかっているので、私は慎重に、話の進め方を選択する必要がありました。

「リッチヘンプCBDオイルは、ヘンプから抽出されたCBDオイルです。それには、CBDとして知られている天然に存在する化学物質が高濃度に含まれています。興味深いことは、これらのCBDオイルが、がんやてんかんの効果的な治療に使用されているということです。」私はこのコメントが反応を引き起こすだろうと知っていました。私がそのことを言ったのはまさにそのためでした。

トラップを仕掛ける

ブレットは理屈っぽい人です。彼は私のトラップにすっかり落ちました。「ばかな」と彼は言いました。「それは違法だろう。米国政府は決してそれを許可しない。どんな医療機関もそれを推奨しないよ。このような主張をする人は誰もがCBDオイルでハイになって、幻覚を見たんだろう。ヘンプには薬効なんてないだろう。」

わなを締める時でした。「さあ、ブレット。」私は言いました。「CBDオイルのボトルを注文し、その中身を飲んでみましょう。もしあなたが酩酊した場合、私はあなたに$1000を支払いましょう。そして、もし、あなたがハイにならなかった場合は、私に$200を支払ってください!」

「私が間違っていたらあなたに$200を支払うか、あなたが私に$1000を支払う?賭けをしよう、気取り屋さん!」彼はまさに宝くじに当選したかのように手をこすりました。

評決

携帯電話とタブレットではっきりしてきました。私達の友人は、私達がしている賭で賭けをしていました。クレアが最初に切り出しました。「まあ、ブレット。CBDオイルはこの州では完全に合法ですよ。カリフォルニアの複数の店でそれを売っています。実際には、1つだけは、これからだけど!」

すぐ後に、マークが言いました。「わあ、ブレッティ!米国政府はCBDオイルを許可するだけでなく、それががん細胞を殺すことを認めているよ。おい、困ったことになったんじゃないか!」

次は、メラニーでした。「残念ブレッド。国立がん研究所は、リッチヘンプCBDオイルががん治療になるかもしれないと言っています。あなたのお財布は$200の分だけ軽くなりそうですね」
「そうだよ、」トレインは言いました。「CBDオイルは、がんやてんかんを治療するために使用されます。この小さな女の子を見てください。彼女はCBDオイルを使うまで、悪いてんかんを患っていました。彼女はfacebookのページも持っています。アメリアのために戦って。私も参加したばかりです」。

ブレットは昨日、リッチヘンプCBDオイルの小さなボトルを受け取りました。彼は Endoca社にそれを注文しました。彼はあまりにもそれを全部飲むことを怖がっていましたので、代わりに、小さじ一杯だけのみました。彼は、床に横たわり、天井に踊る象の万華鏡を見ることを期待していました。何も起こりませんでした。彼は今朝、私に謝ってきました。

EndocaTM社における私たちの主な焦点は、革新的なヘンプ抽出液を研究開発し、世界規模で入手できるようにすることです。
私たちは品質に妥協することなく、最高品質で純粋なCBDオイルの生産に専念しています。私たちの主要な目標は、ヘンプに含まれているカンナビノイドや他の天然分子を広く含む、これまでとは異なる高品質のヘンプ抽出液を開発し、それらの個々の特性を同定することです。