今年の独立記念日を祝う理由

7月4日が近づいており、アメリカ中で国民が独立記念日に向けて準備しています。国の誕生日が近づくこの機会に、ヘンプメッズはアメリカ、そのヘンプの歴史、そしてアメリカの独立へ向けた戦いにおいてヘンプが果たした役割を祝福したいと思います。

ヘンプは我が国において長く、名高い過去を持っています。アメリカの植民地は早くから、海軍で使用するヘンプを栽培するようにイギリスから要求されていました。イギリスはヘンプの大きな国内供給が無かったため、これはイギリスにとって特に重要でした。

その後、トーマス・ジェファーソンやジョージ・ワシントンといったアメリカ建国の父は自らの農場でヘンプを栽培しており、帆布、ロープ、衣服用の布やカバンなどの製造におけるヘンプの価値を認識していました。建国の父たちがヘンプ栽培および処理に関する深く理解していたことを示す、歴史的文献が多く残っています。

アメリカのヘンプから作られた製品はその後、アメリカ革命戦争のときに重宝されました。ジョージ・ワシントンはヘンプ製の制服を着て軍を率いて、ヘンプ製の旗の下に行進しました。国内農家から出た余剰なヘンプは、銃などの軍用品と交換でフランスと取引されたほどです。さまざまな意味でアメリカ産ヘンプは、革命軍を装備しました。

現在、ヘンプは布や紙、バイオ燃料、バイオプラスチック、ヘンプクリート、またカンナビノイドの供給源として使用されています。一度は連邦政府によって完全に禁止されましたが、2014年農業法がヘンプ試験計画の開設を通じて再び国内ヘンプ栽培への扉を開きました。

現在ケンタッキー州、ヴァージニア州、ニューヨーク州といった州の農家が研究目的でヘンプを栽培しています。持続可能なヘンプに関する数多くの用途、ならびに国内ヘンプ農業の急成長に伴い、アメリカは今年の独立記念日に祝福すべき話題がたくさんあります。

独立記念日を祝うもう一つの理由は、値下げした新価格です。ヘンプメッズはこれからも国際的なヘンプオイル供給経路を完全なものにし、受賞歴のあるヘンプメッズのCBDオイル製品をより簡単に提供できるようにします。ヘンプメッズは忠実なお客様のために切り詰めた分を還元し、最大40%商品の値下げをしました。これまで以上にお手頃の価格でCBDオイル・サプリメントを購入いただけます。