今週末ヘンプメッズと一緒にパープル・デイに参加してください!

ヘンプメッズは3月26日に開催されるパープル・デイに敬意を表し、てんかんの国際的な認知を向上するために協力します。今週末の日曜日、てんかんに苦しむ人々をサポートするために、ぜひお気に入りの紫色の服を身につけて応援しに来てください。

パープル・デイでは、てんかんに関する情報をヘンプメッズのSNSやウェブサイトにシェアすることで、世界中の5000万人近く、およそ100人に1人が患っている疾患に関して認知を上げます。我々は、てんかんと診断された人々の人生に与えるてんかんの影響を認知し、またアメリカならびに世界におけるてんかん研究の進歩を応援します。

パープル・デイのウェブサイトには以下の通りに記載されています。「パープル・デイは世界のてんかんに関する認知の向上に尽力しています。毎年3月26日に開催され、世界中の人々が、てんかん認知のサポートのために紫色の服を来て、イベントを行います」

パープル・デイを支援するその他手段については、パープル・デイのウェブサイトをご確認ください。今年の公式イベントは、アメリカ、ブラジル、フィンランド、オーストラリア、イングランド、マレーシア、ナイジェリア、メキシコ、コロンビア、カナダなどの国々で開催されます。パープル・デイの参加者は紫をみにつけることが推奨され、世界中のモニュメントが紫色にライトアップされ、また人々はてんかんの認知を向上するための活動に参加します。

7歳のときにてんかんと診断されたキャシディ・メーガンはてんかんの症状のため、周りの子供とは違う、と孤独を感じていました。そこでキャシディはてんかんコミュニティーをまとめ、発作について教育する方法を見つけることに決めました。「私は世界中の人々が一つになって、他の人にてんかんについて教えたいと思いました」キャシディは2008年に、世界でてんかんについて認識する日としてパープル・デイを作った決意についてこう話しました。それ以来、認知の日は発展してきました。

ヘンプメッズの歴史は何年もてんかんと密接に関わってきました。我々は、てんかんに関連するホープ4ハーパーのような団体や、治療選択肢、研究を積極的に支援してきました。ヘンプメッズは今後もチャリティー活動を通して患者とその家族をサポートします。

日々てんかんと生きる人々に目を向けるために、是非ヘンプメッズと一緒にパープル・デイに参加し、ケアとサポートを提供しましょう。