内因性カンナビノイドシステムそれはどのように作用しているのでしょうか?

化合物に向精神性がなくても、多大な健康効果・恒常性効果を有します。
CBDを含むカンナビノイドは、体内の内因性カンナビノイドシステム(ECS)と相互作用しています。内因性カンナビノイドは、ヒトおよび他の動物の体内で自然に生成される、神経受容体タンパク質です。これらの内因性カンナビノイド脂質は、細胞間「メッセンジャー」として機能し、細胞がお互いに「話す」ことを可能にしています;ある細胞から放出され、近くの他の細胞に存在するカンナビノイド受容体を活性化するシグナル伝達分子なのです。
一般的には、シナプス前ニューロンが、シナプス後ニューロンに信号を送信します。しかし、内因性カンナビノイドの信号送信が体内の他の信号伝達と異なることは、それが逆行しているという点です。つまり、通常のシナプス伝達物質の流れに対して「逆行」していること意味しています。シグナル伝達に際し、ECSは従来の神経伝達物質の放出を減少させて、シナプス後細胞が近くの細胞からのメッセージの受け取りを制御することを可能にしているのです。
CBDオイル通販販売サイトはボタニカルにサイトにお任せください。
何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。