医療大麻番組(CBDオイル)

今回はアメリカのレルム・オブ・ケアリング財団のアラン・シャクルフォードさんCBD治療に関する動画です。
アメリカCNNでも取り上げられ、医療大麻(CBD)に関する興味深い内容となっています。以前ご紹介したシャーロットちゃんのその後の生活ぶりやご両親などの映像もございます。
アラン・シャクルフォードさんによると30年間医師として経験したことがない医療大麻にまつわるお話しです。
大麻と聞くと薬物を連想される方が多いと思いますが、大麻という言葉に拒絶反応を起こさず、真っ白な心で見ていただけると大変興味深い内容となるでしょう。

ザカイくんは「ミオクロニー失立てんかん」という珍しい病と患っていました。
毎日何回も発作を起こるようで発達障害や自閉症の傾向もあったようです。
あらゆる処方薬を試したそうですが、効き目がないばかりか病状を悪化させることもあり、その上、副作用が酷すぎることもありました。
ステロイドの副作用は非常に酷く、体重は倍になってしまったそうです。
ザカイくんの脳波を調査したところ毎時200回の発作が確認され、ご両親は診断結果より、助かる術を探していましたが治療法を提案されることはなかったようです。
そこでレルム・オブ・ケアリング財団のアラン・シャクルフォード医師に出会い、ご両親は医療大麻(CBD治療)の使用許可のためにすぐに行動を起こしたようです。
CBDオイルの服用はリスクはないも同然で過剰摂取しても死に到らないもので、他の薬ではありえないことです。
実は、ほとんどの薬には精神作用がありますが、CBDオイルには精神作用はありません。精神作用のある薬の代わりに大麻由来のCBD(カンナビジオール)を使用するのは受け入れ難い事実です。
CBDオイル通販販売サイトはボタニカルにサイトにお任せください。
何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。