夏の楽しみにCBDオイルを追加して

夏が正式にやってきました。あなたが愛する人と美しい気候を楽しみに出かけるとき、ヘンプメッズが家族全員に提供できるCBDオイル製品のさまざまな有用性について覚えていてください。本記事では、CBDオイルの夏の使用法についていくつか提案します。

アウトドア活動で

ハイキングに出かけたり、ゴルフをプレイしたり、街中で夏を楽しんだりする時、命の振動が人体の恒常性を維持する能力に作用します。CBDオイルは、活動にかかわらず最適な活動に必要なバランスを達成するのに役立つことができます。

ディクシー・ボタニカルズ・デュー・ドロップスは携帯しやすく、どんなアウトドア活動でも完璧なお供になります。スプレー式外用器の2プッシュあたりCBDを3mg投与でき、身体への優れた促進剤です。

ハイキングの半ばや後半9ホールで体力が下がり始めたら、ディクシー・ボタニカルズ・キックス・エネルギー・チュウが活動をやり遂げるためのカフェイン100mgとビタミンBとともに、必要なエネルギーを補給してくれます。またピュア・ヘンプオイルから摂取できる10mgのCBDで、身体がピークに機能するのに必要なバランスを促進できます。

太陽に当たる前に

誰もが夏の太陽を浴びて、冬の間に足りていなかったビタミンDを健康的な量摂取したいでしょう。しかし、日焼けなどを避けるために、太陽に肌を露出する際は気をつけなければなりません。

エッセンシャルオイルには紫外線保護に対する天然のSPFを含むことがあります。例えばココナッツオイルはSPF4を持ち、紫外線を75%カットします。SPF4の保護は約45分間の安全な日光暴露を提供します。

特にヘンプオイルは天然のSPFが約6あります。お店買う日焼け止めローションよりもSPFは大幅に低いですが、ヘンプオイルは太陽に対して天然のバリアを作り出します。植物の自然変動のため、エッセンシャルオイルの実際のSPFは個人によって異なる場合があります。

この夏太陽に当たりに行く前に、露出した肌にMCTオイルをベースにしたRSHOヘンプオイル・リキッドを薄く塗って見てください。しかしビーチでの1日など、長時間太陽にさらされる場合は、SPFの低いオイルを使用する際に注意が必要です。

日焼け後

エッセンシャルオイルは日焼けした肌にも有益です。日焼け後、RSHOヘンプオイル・バームを塗布してください。栄養価の高い、保湿外用品が、肌に対してCBDやCBDオイルの有用性を多くもたらしてくれます。さらに、日焼けした1日の終わりに、肌を保湿するのを助け、太陽光からの回復を促進するために、サイバダームのボディローションまたはカンナビス・ビューティー・ディファインの保湿剤でマッサージすることもできます。

虫刺されやその他かゆみ

アウトドアは素晴らしいです。太陽光、新鮮な空気、そして虫…。

好きであろうとなかろうと、私たちは数えきれないほどの小さな気味の悪い虫と共存しています。同じことが刺激性の植物にも言えます。夏という、私たちが通常最も自然の中にいる季節において、自然との触れ合いが肌に斑点をもたらす問題は珍しくありません。

次回はCBDの有用性を利用するために、塗りたい場所にRSHOヘンプオイルをひと塗りしてください。

夏の間のバランスを維持

夏は新しい健康ルーティーンを始めるのに理想的な季節です。運動であれ、より良い食生活であれ、またはCBDオイル・サプリメントを取り入れることであれ、今日という日はあなたが望む幸福レベルを達成するために必要な変化を起こすのに完璧なタイミングです。

昼が長い夏の日々や気候を楽しんでください。より健康的な食事をするために家庭菜園を始めたり、栄養価の高いヘンプメッズのCBDオイル・サプリメントを取り入れたりしましょう。RSHOピュア・CBDオイル口内外用器のような全草ヘンプオイル製品は高濃度のCBDだけでなく、必須ビタミン、ミネラル、オメガ脂肪酸、たんぱく質、食物繊維を含みます。