夜にぐっすり眠るための6つの秘訣

良い眠りほど全体的な幸福にとって重要なものはありません。睡眠は、人の生産性、批判的思考、気分など全てに影響します。本記事では、毎朝起きた時に十分に休息がとれたと感じられることを保証するために、いくつかのコツを考察します。

日中に明るい光または日光を浴びる時間を増やす

身体はサーカディアンリズムと呼ばれる、睡眠習慣を調整するのを助ける体内時計を持っています。このリズムは、夜は眠るように、日中は起きているように身体に命じます。睡眠に問題を抱える人にとって日中に明るい光を浴びることは、継続時間を増加させ、睡眠の質を改善します。

自然な太陽光が最適なので、毎日できるだけ外に出て、太陽光を浴びましょう。これが日々のスケジュール上実用的でない場合は、太陽と同じ光のスペクトルを模倣する人工太陽灯を購入することもできます。

太陽光への露出を最大化するために、朝遅くまで寝過ぎない方がよいでしょう。その理由は下記のとおりです。

一定の睡眠スケジュールを維持する

身体のサーカディアンリズムは、一定の睡眠スケジュールを維持した際に最適に作用します。週末に遅くまで起きていて、朝遅くまで寝るのが好きなら、新しい1週間が始まったときに眠りにつくのが難しくなりかもしれません。一定の睡眠スケジュールを維持することで、1週間通じて睡眠の質を改善するのに役立ちます。

週末の朝に起きる理由が必要ですか?朝起きてランニングしてみてください。次のセクションでは、運動も睡眠の質を改善することについて述べます。

午前中に運動する

運動は、良い眠りを促進する人気な方法です。不眠症を持つ患者が日中に運動すると、より早く眠りにつき、より長く眠り、夜中に起きる回数も少なくなることに貢献します。

しかし、活発な運動時に放出される、エピネフリンやアドレナリンといったホルモンは覚醒の原因となり、睡眠に悪影響を及ぼすことがあります。したがって、可能なときは日中の早い時間に運動するように計画を立て、寝る時間前の過度な刺激を避けることが提案されます。

就寝時間近くまで運動するのが有害であるのと同じように、就寝前の食事も睡眠の質を害します。

空腹または満腹状態でベッドに入らない

夜遅くに食べるとメラトニンの放出に影響を与え、眠りに落ちるのが難しくなります。就寝時刻から数時間前に食事をして、空腹過ぎる、または満腹過ぎる状態でベッドに入らないように計画するのがベストです。毎日の食事の計画は、夜遅すぎる時間に食事をしないことを保障するのに役立ち、リラックスを助けます。

また夜にTVやパソコンの前でお菓子を食べないようにしましょう。

夜遅くにTVを見ないようにする

ブルーライトは今が日中であるかのように脳を錯覚させ、メラトニンなどのホルモン生産を妨げ、眠るのを難しくします。睡眠スケジュールに対するブルーライトの悪影響を避けるために、夜寝る前に、TV、ラップトップPC、タブレット、スマートホンを含む画面を見つめるのをやめましょう。

寝る前に電子スクリーンを見るのを避けられない場合は、PCやタブレット、スマートホンに日没後のブルーライトをブロックするアプリをダウンロードしてください。このシンプルなステップが、眠りに落ちるまでの時間を短縮するのに役立ちます。

CBDサプリメントを摂るのに適したタイミングを知る

カンナビノイドは、食欲、気分、睡眠などの機能を調整することで身体のバランス維持に貢献する、体内のエンドカンナビノイドシステムと相互作用します。

誰もがCBDオイル製品に対してそれぞれ異なる反応をすることを覚えておくのが重要です。自分の体がどのようにCBDサプリメントに反応するか分かるまでは、就寝時刻の少なくとも数時間前にサプリメントを摂ることをお勧めします。

本記事で紹介したような賢い修正をすることで、睡眠の質を改善し、毎朝よりリラックスして起きられるようになります。ヘンプメッズの教育ページで、健康のコツやCBDオイル・サプリメントに関する情報を入手してください。