子供とCBDオイル

日頃よりボタニカルサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

アメリカにおけるヘンプへのサポートは常に高まっていますが、それでも多くの人が未だに子供とヘンプに関する話題になると不快感を感じるようです。

「安全なの?」「子供もハイになりますか?」
これは、子供にCBDオイル・サプリメントを与えるべきかどうか決めるときに上がる質問のほんの一部です。しかし、両親たちはもう何年も小さな子供に対してヘンプを与え続けてきた、というのが真実です。

実際のところ、子供たちのおかげでCBDオイルはこれほどの国際的注目を集めたのだと言えます。2013年にCNNの特集「Weed(大麻)」を通じてサンジェイ・グプタが最初に子供に対するCBDオイルの使用を有名にしました。それ以降、CBDはニュース、ネット掲示板ならびに友人との会話の中で活発に議論されてきました。

両親たちは常に子供の食事にCBDを加えることに関心をもっていますが、それを始めるのに必要な情報に欠ける傾向にあります。このガイドはその開始をサポートするでしょう。

なぜ子供にCBDオイルを与えるべきなのか?

子供は、母乳に含まれるエンドカンナビノイド(体が自然に生成するカンナビノイド)を通じて初めてカンナビノイドに触れます。これらの母乳に含まれるカンナビノイドは、赤ちゃんのエンドカンナビノイドシステムの中で使用されます。エンドカンナビノイドシステムとは、全ての哺乳類の体内に含まれる受容体の一群です。

FDAによる食事サプリメントに関する規制に準ずるため(日本の場合は薬機法に準ずるため)、我々は特定の病状に関するCBDオイルの使用を勧めることができません。しかし、成人および子供の食欲、睡眠、免疫反応などの機能を調整することによって身体のバランスを維持することに関して責任を負うエンドカンナビノイドシステムとCBDが自然に相互作用することを、我々は認識しています。

CBDサプリメントが自分または自分の子供にとって適切かどうか決める前に、CBDと人体に対するその影響に関して自分で調べてみることをお勧めします。

CBDオイルは子供にとって安全か?

全てのヘンプメッズ製品は精神作用しないので、家族の誰が使用しても安全です。

子供は大人よりも小さいので、体重に対して適切に投与量を下げることが勧められています。少なめに、ゆっくりと始めるのが確かな経験則です。少量から始め、少しずつ増やしていくことが、ちょうどいい特定の量を測るのに役立つでしょう。
さらに、全てのヘンプメッズ製品は、残留汚染物質がヘンプオイルに含まれないように化学肥料、農薬、除草剤を使用せずに栽培されています。製品の安全性をさらに保証するために、ヘンプオイル・サプリメントは汚染物質からお客様や子供を守るため、カビ、白カビ、真菌、イースト菌、大腸菌、サルモネラ菌、マイコトキシン、重金属、残留溶剤が含まれないよう3度の研究所検査を受けます。

最適な製品は?

ヘンプメッズの全製品はどの年齢の人にも安全ですが、通常、子供にCBDオイルを与えたい両親はリアル・サイエンティフィック・ヘンプCBDオイル(RSHO)を選んでいます。RSHOはピュア・ヘンプオイルの他にわずかしか付加成分を含まないからです。ヘンプメッズ主力製品RSHOは、ピュア・ヘンプオイル、チンキ剤、リキッド、外用軟膏などさまざまな適用方法で選ぶことができ、各種ラベルを通じて生、脱炭酸化、および精製などの選択ができます。

どのように入手できるのか?

ヘンプメッズのCBDオイル製品は、全50州ならびに40ヶ国以上で購入・配送することができます。CBDオイルを入手するための処方箋や医師の勧告は必要ありませんが、初めてCBDサプリメントを自分または子供に与える前に医師に相談することをお勧めします。