子供の幸福を強化する5つの方法

私たちは誰もが子供の健康や全体的な幸福を案じています。しかし、子供の全体的な健康を向上させるために、私たちにできることがあります。今日、私たちは毎日の子供の健康生活感を促進できる方法のうち、ほんのいくつかについて考察します。

十分な睡眠がとれていることを確認する

睡眠は幸福に関する基盤の一つですが、睡眠不足は子供やティーンエイジャーにおける一般的な問題でもあります。小さな子供は、正常な成長と発育を可能にするため、時に10〜12時間の睡眠を必要としますが、一方ティーンエイジャーは最低9時間の睡眠が推奨されています。

子供の幸福感を改善するのに最も重要な戦略の一つは、十分な睡眠を確保してあげることです。毎晩十分な睡眠が取れるように、就寝時間を固定し、無計画な昼寝時間を制限してみてください。

運動を勧める

現代の子供たちは十分な日常的運動をするのに苦労しています。これが欠けると全体的な健康に対する障壁となります。しかし、運動は健康的な体重を維持するためだけのものではありません。運動は気分を改善する化学物質を刺激し、1日のストレスを消散させるのに役立ちます。1日あたり1時間の運動は、子供にとって優れた最低限の日平均活動時間ですが、多くの医療専門家はそれ以上を提案しています。子供をサイクリングやハイキングに連れて行くのは、家族と一緒に運動する素晴らしい方法です。また運動やより健康的な全体的ライフスタイルを促す、個人または集団スポーツに子供を通わせることもできます。

創造的な表現手段を勧める

子供たちは元々想像力豊かで、創造活動に夢中になりやすいです。想像力に富んだ表現手段は活力を生み出すことができ、気掛かりな気持ちを散らせることでストレスを軽減するのに役立ちます。子供を美術館または自然史博物館に連れて行くことで、子供の創造性を刺激することができます。また、紙とクレヨン、粘土細工、チョークなどの道具を渡し、内に備わる創造性に入り込み、幸福感を促進させることができます。

ボランティアや無心無欲を勧める

他者を助けることは、子供の社会的つながりの感覚を高め、コミュニティーに属することの重要性を強化します。知らない人のために開いたドアを押さえたり、他者とシェアしたり、誰かに素敵な1日を過ごせるように祈ったりするような単純なタスクを通じて、毎日子供と他者との関わりを推奨することができます。

より正式なボランティアの機会は、子供がより大きな規模で還元できること、肯定的な認知の機会を提供することを可能にします。ボランティアを通じて子供は、社会奉仕の影響がいかに大きいか理解するようになります。

生涯学習を育成する

子供は、新しいテーマを学習したり、新しい技術を開拓したりする時に感じる達成感が大好きです。生涯学習欲を教え込むことは、子供の幸福感の維持や多才性の強化に役立ちます。

楽しみのための学習を推奨する簡単な方法は、毎日読書することです。一緒に読書するにしろ、子供が一人で読むにしろ、読書はワクワクするような架空世界に子供を飛び立たせたり、これまで知らなかった歴史や事実を教えてくれたりします。毎日読書しない子供は、全体的な幸福感が3倍も低い傾向にあることが報告されています。

またあなたが好きな趣味を子供と共有するのも良いでしょう。写真、編み物や縫い物、DIY、ガーデニング、木工細工も、子供の創造性を引き込み、自信を築くことができます。