子供への大麻治療(CBDオイル)に対する世論は?

さまざまな世論があるのは事実です。
やはり大麻というと違法薬物というイメージが先行し、躊躇してしまいます。特に子供にはよくないという印象があります。
しかし、CBDオイルは精神活性作用がなく、多くの子供に将来的な光が見えるなら試したくなりますよね。
自閉症やてんかん攻撃的な多動性障害などの場合、いろいろな薬剤を試しますが、多くの場合治るどころか悪化する一方です。
そこで最後の手段で大麻(CBDオイル)を使用するケースが非常に多いと思います。
インターネットで読んだり、知人などから情報を聞いたりし、
色々試して駄目だったけど、これで恒常性が良くなったという事例は数え切れません。
ただ使用するCBDオイルで健康食品に近いもので、合成成分等が一切使用されていない天然成分由来の商品です。

CBD(カンナビジオール)は体内のある酵素を制圧します。
これは大麻に似た無害な成分を分解する酵素です。
この大麻的な成分は非常に多く、体内にも脳(カンナビノイド受容体※CB1とCB2)にもあるのですが、この成分が何らかの理由で体内に足りなくなると、発作が起こります。
なぜなら、体が自然に作るこの成分は自然に保護する効果があり発作を抑えるものです。
ですが、なんらかの理由でこの成分が足りなければ発作が起こりやすくなります。
体内には内因性カンナビノイドと、それらを合成する酵素や分解する酵素、カンナビノイド受容体によって内因性カンナビノイドシステムが存在することが分かっています。
このような事実はほどんど知られていません。
白黒付けがたい領域なので政府も情報を公開したがらないだけだと思います。
カンナビジオール(CBD)は大麻取締法の規制対象外であり、購入・使用しても毒性のない安全な商品です。
日本にも少しづつ広まりつつあります。
まずは安全なCBDオイルを試してみてはいかがでしょうか?
もちろん必ず良い結果が出るとは限りませんが、少なくとも無害な商品なのですから一度試してみる価値はあると思います。
CBDオイル通販販売サイトはボタニカルにサイトにお任せください。
何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。