幅広い用途を持つRSHO・CBDオイル・リキッド

ヘンプメッズは常に、毎日のCBDオイルの最も革新的な摂取方法を紹介しようと考えています。
そうしてRSHO・CBDオイル・リキッドのような製品を作りました。CBDリキッドは幅広い潜在的用途を持ち、CBDオイル・ルーティーンに賢く取り入れられます。

RSHOリキッドとは何か?

ヘンプメッズのお客様は、 CBDサプリメントとしてリアル・サイエンティフィック・ヘンプCBDオイルを楽しんできました。人気の高いRSHOピュア・ヘンプCBDオイルが、今度は万能なリキッド状で登場します。RSHOリキッドは、脱炭酸されていないグリーンラベル、脱炭酸されたブルーラベル、さらにろ過されたゴールドラベルから選ぶことができます。各4オンスの瓶はそれぞれ1分量あたり31mgのCBDが含まれ、瓶あたりでは1000mgのCBDが含まれます。

RSHOピュア・ヘンプBDオイルと同じCBDオイルで作られたRSHOリキッドは、高濃度CBDや必須ビタミン、ミネラル、脂肪酸を含む全ての健康的利点が含まれています。RSHOリキッドは、生体利用効率を向上するために、カンナビジオール(CBD)オイルと中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)オイルを組み合わせて作られています。

またTHCを含まないタイプのCBDオイル・リキッドも提供しています。CBDアイソレートで調合したRSHO-Xは、精神を活性化させる大麻化合物THCを全く含みません。RSHO-Xには4オンスと8オンスの瓶があり、それぞれCBDを1000mg、5000mg含みます。

なぜMCTオイルなのか?

カンナビノイドは脂溶性なので、水よりも脂質に分解され蓄えられます。この特徴のため、カンナビノイドが脂質とともに摂取されるときに最も友好的で、生体利用効率が向上します。とは言え、脂質の種類が重要であると考えられます。

飽和脂肪は、カンナビノイドが身体に吸収されるために重要なキャリアです。飽和脂肪はカンナビノイドが体内に浸透するのに必要な脂肪細胞を提供し、エンドカンナビノイドシステムによるより迅速な処理・利用を促進します。

推奨されるのは中鎖脂肪酸トリグリセリドまたは脂肪酸を含むオイルです。ココナッツオイルもしくは中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCTオイル)を含他の製品を使用することで、他のオイルと比べたとき比較的早いカンナビノイドの放出を誘発できます。これはMCTオイルが肝臓によって直接エネルギーに代謝されるためです。すなわちこれは、身体がこれらの脂肪をすぐに燃焼させて(脂肪に含まれるカンナビノイドとともに)使用できる、ということを意味します。

このためにヘンプメッズは、ココナッツオイルおよびパームオイルから持続可能に供給されたMCTオイルを用いてCBDオイル製品を調合しているのです。これらのオイルはMCTまたは飽和脂肪の宝庫であるほか、カンナビノイドにとって不飽和脂肪よりも強力な結合剤を作り出し、CBDサプリメントにとって確実に有効的な媒介となります。

CBDオイル・リキッドを食品に追加

RSHOリキッドはCBDオイルとMCTオイルだけでできています。そのため、どんな食事にもよく合います。健康補助食品として摂取されるよう設計されていますが、RSHOリキッドはほぼ全ての加工食品に添加することができます。しかしその有効性を弱める可能性があるので、オイルを加熱することは勧められません。

その代わり、RSHOリキッドは栄養とエネルギーが豊富なスムージーを作るために、冷凍ベリー、新鮮野菜、アーモンドミルク、チアシード、ヘンプハートなどの栄養素に加えることができます。

MCTオイル・サプリメントを加えられるものなら何でもRSHOリキッドを代わりに使用できます。
CBDオイルをサプリメントとしてだけでなく、健康的な食生活の一部としてとらえてみてください。