最高品質のCBDオイルに込めるエンドカ社の想い

EndocaTM社における私たちの主な焦点は、革新的なヘンプ抽出液を研究開発し、世界規模で入手できるようにすることです。私たちは品質に妥協することなく、最高品質で純粋なCBDオイルの生産に専念しています。

私たちの主要な目標は、ヘンプに含まれているカンナビノイドや他の天然分子を広く含む、これまでとは異なる高品質のヘンプ抽出液を開発し、それらの個々の特性を同定することです。

CBDオイルは良い、悪い、それとも危険?

産業用ヘンプ植物は高くまっすぐに成長します。3枚か5枚、時にはそれ以上の小さい葉からなる複葉を持っています。それはまさにヘンプです!
しかし、この植物を吸ってみようとする期待に満ちた酔っぱらいは、誰もが、その結果に満足できません。

なぜでしょうか?なぜならば、それはヘンプで、マリファナではないからです。

それなら、ヘンプCBDは良いものでしょうか、悪いものでしょうか、それとも危険なものでしょうか?

ヘンプとマリファナの違いは、これら2つの植物のカンナビノイド組成にあります。一方は、高濃度のTHCと低濃度のCBDを含んでおり、あなたに精神活性を引き起こします。
それがマリファナです。もう一方はほんのわずかのTHCしか含んでおらず、たくさんのCBDと呼ばれる化合物を含んでいます。どちらの植物もアサ属に分類されます。ヘンプは、何千年もの間、食物や繊維用の作物として栽培されてきました。そして、漢方薬としても利用されてきました。しかし、近年では、ヘンプCBDがすべての話題を独占しています。

新聞はどのようにヘンプCBDをレポートしているでしょうか?

センセーショナリズムが新聞を売り出し、ニュース速報が人々をくぎ付けにすることを、私たちはみんな知っています。ヘンプCBDが多くの逸話に富んだ事例の中で潜在的な有益成分として言及されるというだけで、話題にするつもりはありません。

そのため、新聞記者は全力を尽くしています:「マリファナが子どものてんかんの発作を治療する」「マリファナはがんを治療するか?」。もう少し先を読めば、(マリファナではなく)高濃度のCBDを含むヘンプが使用されたことがわかりますが、これらは、注目を集めるタイプの見出しです。

それらはまた、ヘンプに悪名を与える見出しでもあります。ヘンプはマリファナではありません。そして、どのマリファナ常習者に尋ねても、彼らが求めている恍惚感を与えてくれないので、ヘンプは「良い材料」ではないというでしょう。

それではヘンプは、まったく何もしないのですか?

CBDが私たちの体にどのように影響を与えるのかは現在研究中であり、これまでのところ、すべての兆候は、確かに非常に肯定的なものです。
CBDを含む医薬品が既に登録されており、この天然化合物のより多くの潜在的用途が、徹底的な科学的研究の対象になっているものの、さらに多くが登録の途中にあります。

つまり、私たちの体には、体内で合成されたり外部から供給されたりするカンナビノイドと反応するカンナビノイドシステムが備わっており、現在研究中の、体の制御に、何らかの役割を担っていることが知られています。それが、広い意味ではカンナビノイドが、狭い意味ではCBDが研究者から多くの注目を集めている理由なのです。

ヘンプの中にCBDはどのくらいあるでしょうか?

ヘンプの中にみられるCBDの量は、抽出された系統の遺伝的性質により異なります。スカンジナビアヘンプの系統は、世界で最も強力にCBDを生産する系統の一つですが、他の株はそれほど多くのCBDを含みません。
ヘンプオイルを単に購入しても、その中に多くのCBDを含む製品であることを保証しているわけではないのは、そのためです。

そして、もし、ヘンプCBDが、あなたが最も興味を持っている成分であるならば、ヘンプオイルがどのくらいのCBDを含んでいるのか、また、他の成分がどのくらい存在するのか知りたくなるでしょう。

あなたが得たオイルがどのくらいのヘンプCBDを含むのか知るためには、あなたは実験室分析を参照する必要があるでしょう。そして、同時に偽物に注意する必要もあるでしょう。非常に多くの人々がCBDオイルに興味を持っているため、大規模な地下産業が生じており、商業的な動機が強い場合は、ヒトはいつでも公正に勝負するわけではないのです。