産業用大麻とバイオマス燃料

植物などの生物体(バイオマス)を構成している有機物は、固体燃料、液体燃料、気体燃料に変える性質をもっています。
バイオ燃料は生物体の持つエネルギーを利用したアルコール燃料、その合成ガスのこと。石油のような枯渇性資源を代替しうる非枯渇性資源として注目されている他、二酸化炭素(CO2)の総排出量が増えないと言われていることから、主に自動車や航空機を動かす石油燃料の代替物として注目されている。
ガソリンの代わりに、トウモロコシやサトウキビと言った安い穀物を発酵・濾過してアルコール(エタノール)を作り出し、乗用車・小型トラック用のガソリンを代替するバイオマスアルコール燃料として利用する。
日本でそれこそ研究した方がいらっしゃって、いわゆるバイオマス燃料として有効かどうかというのは乾物生産量というものが非常に重要になり、トウモロコシであったりあるいはてん菜だったりよりも、麻の産業用大麻にした方が乾物生産量でよほど量がとれるということで、バイオマス燃料としても大変有用ではないかと注目されており、いろいろな研究結果が出ています。
今後日本でも規制緩和がされ、農林水産省として有望な商品作物が何かという明確なビジョンを打ち出し、調査研究等が実施していただければ大変価値あるものではないかと考えます。
CBDオイル通販販売サイトはボタニカルにサイトにお任せください。
何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。