連邦政府の科学者は、カンナビスの健康上の利点を把握するために奮闘する

健康の分野においてカンナビスに何が期待できて何が期待できないかについての、包括的な、400ページのレビューが、連邦政府の勧告として科学・工学・医学の国立科学アカデミーによってリリースされました。私たちは、どのくらい本当にカンナビスの健康上の利点を理解しているのでしょうか?

最近の科学的研究の徹底的かつ広範な見直しは、大麻の健康上の利点をしっかりと確立することを目的としています。

PBSニュースアワーは、リリースされた勧告を調べました。法律が変更されました:28の州は、医療大麻を合法化しています。医学のマリファナが最初に合法化されてからの最近の二十年の間に、この物質の臨床的利点がどれだけ調べられ、理解されてきたのでしょうか。

何を研究する必要がありますか?

ハーバード大学の小児科医であるマリー・マコーミック博士は、15人の科学者が、医療分野が大麻の健康上の利点についてどのような立場にあり、またどのような研究が必要であるかを決定するために、1年かけて1万の研究を検討したレビューパネルの議長を務めました。

レビューは、車の衝突を含む社会的な影響の調査を除かずに、がんやパーキンソン病から拒食症などの摂食障害までカバーしています。100の結論が、カンナビスの健康への影響に達していました。

方法論

各条件は、提示された証拠の重みを分類するために開発された標準的な用語によって強化されました:「限定的」、「中等度」、または「決定的または実質的」。

さらに、2つのカテゴリーが区別されました。治療目的のために使用されるカンナビスやカンナビノイドは、効果的な治療法として評価されたかどうかです。統計的な関連を見ると、カンナビスやカンナビノイドを娯楽目的で使用した場合、通常、カンナビスによって引き起こされると仮定される有害な健康状態に関連していました。

例えば、報告書は、カンナビスやカンナビノイドががんを治すかどうかだけでなく、カンナビスやカンナビノイドが癌を引き起こす可能性があるかどうかについても、尋ねました。

決定的証拠

レビューは、カンナビスが、化学療法のプログラム中の吐き気を軽減させるだけでなく、慢性的な痛みを管理し多発性硬化症の症状を緩和することができるという強い証拠があったと結論づけました。

証拠不足

チームは、カンナビスが、外傷性脳損傷の場合には神経膠腫(グリオーマ)を含む癌を治すことができ、効果的であるということを示す証拠は不足していると結論づけました。

同時にカンナビスが肺がんを引き起こすという本当の証拠がなかったこともわかりました。多くの条件で、証拠が不足しており、研究者たちは、さらなる研究が必要であると感じました。

決定的でない記事

このような文献のレビューは時折、新しい視点を見出すものの、報告には独自の見識はありませんでした。それは私たちがすでに知っていることを単に繰り返しているだけでした:カンナビノイドの想定される利点の多くは、もしそれを証明しようとするならば、さらなる研究が必要になります。

CBSレポートはどちらかと言えば表面的であるようです。例えば、不安に苦しむ人々の助けにはならないとしてTHCを指していますが、CBDについての言及はありません。

1つのコメントを読みます:「これは不安に関していくぶん誤解を招きます。そうです、カンナビスは不安の問題を悪化することもあります。カンナビスインディカ、OTOHは、これらの症状を軽減し、気持ちをリラックスさせるのに役立ちます。」

カンナビスの健康上の利点:研究者に素材を与えるための数十年

レポートは、http://nationalacademies.org/cannabishealtheffectsで見ることができ、長い間誰もが言っていることや、より多くの研究が必要であることを確認できます。

どのように研究が構造化され、誰が行うのかということが、明らかに次の大きな問題です。決定的な結果を得るために、私たちは結果を待って息をひそめているべきではありません。必要な研究のいくつかは、数十年も、また一生かかる場合もあるのです。