食用大麻について

麻の実は血液をサラサラにする効果があり、消化吸収のよい良質な植物性タンパク質が含まれていて、その割合は意外なことに動物性タンパク源である牛肉や魚や卵よりも多いのです。麻の実から抽出する油は、美容健康成分と言われているGLA(ガンマ・リノレン酸)を豊富に含む珍しい油であり、コレステロール、トランス脂肪酸はゼロです。あらに、健康のために必要な必須脂肪酸(オメガ3,オメガ6)が植物油の中で最も多く、理想的なバランスで含まれています。近年の食の欧米化により、健康は日々脅かされています。その結果、皮膚炎や脱毛、動脈硬化、性機能不全、免疫不全、細胞の老化などのリスクが高まり、アレルギーやその他慢性病の原因となります。またベジタリアンが不足しがちな亜鉛や鉄などのミネラルが豊富に含まれています。さらに良質な不溶性食物繊維が含まれており、腸内環境を整え、糖尿病や大腸がんなどの予防にもなると言われています。昨日ご紹介させていただいた世界一の長寿の里と言われている中国広西チワン族自治区巴馬では、穀物菜食が基本であり、毎日麻の実から作ったお粥を1日30〜50グラム摂取していることが報告されています。日本でもかつては、五穀の一つに数えることもあったようです。そして最近の研究では、麻の実に不老長寿成分である活性酸素を除去する抗酸化物質(カンナビシンA)が発見されたそうです。当然、CBDオイルにもカンナビシンAという成分は含まれておりますので、健康食品として大いに恒常性を保つ働きをしてくれます。
CBDオイル通販販売サイトはボタニカルにサイトにお任せください。
何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。