A4Mアンチエイジング会議でCBDオイルの有益性を展示

ヘンプメッズは先週末フロリダ州ハリウッドで開催されたA4M春のアンチエイジング会議で、医師や自然療法医らを歓迎しました。過去のA4Mと同様、CBDおよびヘンプオイルはアンチエイジング業界で働く出席者の間で人気でした。全分野の医療専門家が、CBDがどのように患者や消費者に役立つことができるか 知ることに興味を持っていました。

ウェブサイトによると、米国アンチエイジング薬委員会(A4M)は、110ヶ国から26000人以上が参加する世界最大のアンチエイジング学会で、全ての医療専門家が、老化の退化性な影響を予防・治療することにおける最新科学研究および最新の医学的・外科的進歩について最新情報に通じていることを保証することを目的としています。

この急成長中の市場の発展に焦点が当たる週末、世界有数のアンチエイジング会議であるA4Mにはほぼ全ての医学部の医療専門家、栄養補助食品および代替薬製造企業、アンチエイジング業界のイノベーターおよび研究者が参加します。

週末の間、数千人の参加者がエキスポ・エリアのブースを回り、ヘンプメッズ専門スタッフは受賞歴のあるディクシー・ボタニカルズやリアル・サイエンティフィック・ヘンプオイルなどのブランドを実演しながら、ブースを訪れた人々にCBDヘンプオイル・サプリメントがもつ数多くの効能について説明しました。

我々が参加した過去の会議と比べ春のA4M会議において目立っていたのは、CBDおよび大麻に関する参加者の知識の高まりでした。ヘンプメッズ製品の効能を医師や医療専門家に伝えるために働きかけてきたので、ヘンプメッズはA4Mのようなイベントでよく見かけられるようになりました。CBDの可能性についてより深く知るために特別にヘンプメッズ・ブースを訪れた訪問者数によって、それが確認できました。

医療業界の一部はA4M世界会議に情報集めや教育のために参加していましたが、医師、医療・健康ショップならびに医学界のその他の多くがヘンプメッズ製品の購入または卸売に関心を持っていることが分かりました。

これは、RSHOシリーズなどのCBDオイル製品が医療専門家にとって有益であることが証明され、今では患者や顧客に勧められていることを示しています。