薬との飲み合わせについて

薬との飲み合わせについて

飲み合わせとは?
飲み合わせとは?

処方された薬とサプリメントを同時に服用することにより、単独で摂取する場合には問題がなくても、服用することで、薬の効き目が強くなったり、逆に効果が薄れてしまうなどの影響があります。これを相互作用と呼びます。

また、カンナビジオール、およびカンナビノイド成分、テルペン成分はアントラージュという現象により、同時に摂取した薬の効き目を強くする可能性が示唆されているため、病院や市販薬など服用している場合などは、必ず医師や薬剤師にお伝えしてからCBDオイルを摂取してください。

お薬とCBDオイルを一緒に飲んでも大丈夫ですか?
お薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか?

お薬と同時に摂取することは必ずおやめください。お薬を飲んでいる場合、時間の間隔をあけてお召し上がりください。
お薬によっては処方薬の効き目が強くなったり、逆に効果が薄れてしまう可能性があります。

マイスタンやバルプロ酸との併用で、肝臓の分解酵素を阻害し、それらの薬の血中濃度を上昇させる働きがあります。
CBDオイル摂取前に必ずかかりつけの主治医や薬剤師に事前にご相談ください。
また、妊娠中または、授乳中は服用しないでください

お薬をやめてCBDオイルを摂取していいのですか?
お薬をやめてCBDオイルを摂取していいのですか?

医師は患者の症状に見合った薬を処方しておりますので、おやめになることはおすすめいたしません。CBDオイルは医療大麻とは異なり、サプリメント(栄養補助食品)になるため、恒常性の維持などを目的としております。
決してお客様のご自身で判断せずに、担当医師にご相談ください。

※CBDオイル製品は、診断、治療、治癒、または任意の病気の予防を目的としたものではありません。

お悩みが解決しない場合は、カスタマーサポートセンターまでお問い合わせくださいませ。

04-7125-1691
お問い合わせ