MENU
まだカートには入っていません。
 
CBDオイルの正規輸入通販サイト -ボタニカル-

カテゴリー: お知らせ

今一番売れている製造メーカーは?

日頃よりボタニカルサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

当サイトでは各製造メーカーのCBDオイル製品を販売しております。
お客様がお悩みになるのは、どのCBDオイル製造メーカーがいいの?いろいろなCBDオイルがあってどれを選んでいいの?と迷われてしまいますよね。
そこで各CBDオイル製造メーカーのランキングをお伝えさせていただきます。

CBDオイル製造メーカーランキングは下記の通りになります。

NO.1 ブルーバード・ボタニカルズ
国内では圧倒的にブルーバード・ボタニカルズ社製のCBDオイルが人気です。
一番の理由は、摂取容量・摂取期間が5タイプあり、各CBDオイル製品によって特徴的な配合をしていることが人気です。
また、スタンダード製品と6Xシリーズ(濃度6倍)の2種類があり、お客様の目的によってCBDオイル製品を選ぶことが可能です。
最近では8ヶ月タイプ製品などをご注文されるお客様の多くなりました。
毎日健康で生活できることが何よりの喜びであり、それをサポートさせていただくことが当サイトの使命です!

NO.2 ENDOCA
ENDOCA社の特徴は短期間に高濃度なカンナビジオールを摂取することが可能なことです。
主に液体タイプとペーストタイプのCBDオイル製品ラインがあり、液体タイプは10ml容量、ペーストタイプは10gと圧倒的にカンナビジオールの含有量が高濃度です。
全て10日タイプ商品というのが最大の特徴です。ペーストタイプは、カンナビジオールが最大で2000mgや3000mg配合されているのですから驚きです!
それ以外にもカプセルタイプ製品もあり、1日に摂取するカンナビジオールが明確に分かることによって、体調管理に役立てられるというメリットがあります。
1日に可能な限り多くのカンナビジオールを摂取したいという方にオススメな製品です。

NO.3 HempMeds
HempMeds社は国内ではまだ知られておりませんが、海外では非常に人気の高いCBDオイル製品を販売していています。
ペーストタイプのCBDオイルに特化しており、3g.10g.15gとレーベルごとにカンナビジオールの含有量が異なります。
ペースト製品も急速にご注文件数が増えており、よりよい恒常性の維持に役立てていただければと思います。

NO.4 ディクシー・ボタニカル
ディクシー・ボタニカルのCBDオイルは、2014年頃に日本で発売された最初のCBDオイル製品でした。
現在はペーストタイプのCBDオイルのみを販売しており、15g容量に2250mgのカンナビジオールが含有されています。
ご興味がある方はセール実施中にお買い求めください。

簡単にではありますが、各製造メーカーの特徴をご説明させていただきました。
CBDオイル製品について何かご不明な点などがございましたらお気軽にご連絡ください。
専門スタッフがお客様にあったCBDオイル製品をご紹介させていただきます。

Tags: , , ,

CBDオイルでお悩みを!

日頃よりボタニカルサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

毎日忙しく過ごされている方や健康面での不安を抱えている方などに弊社のCBDオイルサプリメントをぜひ活用ください。
そもそもCBDオイルって日本ではあまり聞かないサプリメントですよね?
世界ではヘンプシードオイルやカンナビジオール成分は恒常性の維持に役立てられています。
最近では医療大麻なんて言葉をよく聞きますが、CBDオイルはサプリメントとして利用されていますので呉々もお待ちがないようにお願いします。
では何故世界的にCBDオイルが注目されているのか疑問な方もいらっしゃると思いますので簡単に特徴を説明することにします。
カンナビジオールはヘンプの茎から精製されている成分ですが、注目するべき点は他のサプリメントやアルコール成分とは違い体内に蓄積されることが科学的に証明されているものです。
なぜ?って思いますよね。それは人間や動物などの体内に受容体というセレプターがあるからなんです。その受容体にカンナビジオールが接合することにより、よりよい恒常性の維持につながるとされています。
ヘンプシードオイルは、スーパーフードとして最近でご存知の方もいらっしゃると思います。
健康に気をつかっている方の間では大変話題になっていますが、代表的な成分にオメガ3やオメガ6などがバランスよく配合されています。必須脂肪酸なんて言葉をよく耳にされますよね?
必須脂肪酸とは私たちの体内環境では作り出すことができない成分です。つまり、口から摂取する以外方法がないということです。
現代の日本は急速に欧米化の食事環境になってしまったことにより、不足しがちなオメガ3やオメガ6の必須脂肪酸=栄養素を摂取することが必要とされています。
そこで!ヘンプシードオイルは欠かせない成分であることから注目されているわけであります。
ヘンプシードオイルやカンナビジオールが配合されているCBDオイル製品をお客様の健康にお役立てくださいませ。
CBDオイル製品についてご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

Tags: , ,

CBDオイル選びに迷った方に

日頃よりボタニカルサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

どのCBDオイルを選んでいいのか迷ってしまっているお客様にオススメな製品は、ENDOCA社製のヘンプCBDオイル・ローヘンプCBDオイルがいいと思います。
10ml容量の10日タイプとなりますが摂取できるカンナビジオール成分は、1日に30mgとなります。
現在セール実施中ですので、通常価格から半額の4500円とお買い得になります。
ENDOCA社製のCBDオイルを気になった方は、こちら

Tags: , ,

持ち運び便利なCBDオイル製品

日頃よりボタニカルサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

CBDオイル製品を普段持ち運びたいというお客様には、ENDOCA社製カプセルCBDオイル製品をお勧めいたします。
通常のCBDオイル製品は、液体タイプとなっているため、持ち運びには少し不便となってしまいます。
それに加えて1日の摂取量をより正確に摂取することができるというメリットがあります。
ENDOCA社製のスタンダードタイプなカプセルCBDオイルは、30錠に対してカンナビジオールの含有量は300mgです。1錠には10mgのカンナビジオールが含有されていることになります。
高濃度なカプセルCBDオイルは、30錠に対してカンナビジオールの含有量は1500mgです。
スタンダード製品に比べて5倍の濃度となっているため、1錠には50mgのカンナビジオールが含有されていることになります。
このように一日に摂取するカンナビジオールを計測することがお客様に健康をサポートすることができます。
尚、液体タイプのCBDオイルは、ご利用する前に20回から30回程度よく撹拌させてから摂取することをお勧めします。

Tags: , ,

CBDオイルについて

日頃よりボタニカルサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

当サイトではCBDオイルを安心・安全にサプリメントとして利用してもらうためにお客様の疑問や不安などについてサポートさせていただきます。
CBDオイルは、産業用ヘンプから精製されており、日本でも安心にサプリメントとして摂取することが可能となっております。
CBDオイルの原料は、ヘンプシードオイル(麻の実)とヘンプの茎に含有されているカンナビジオールから精製されています。CBDオイル製品よっては、エッセンシャルバージンオリーブオイルを主成分とする製品もあります。当サイトで取扱を行っているブルーバード・ボタニカルズ社製のヘンプコンプリートCBDオイル製品がそれに当たります。それ以外のCBDオイル製品の主成分は、ヘンプシードオイルとカンナビジオールから精製されている製品です。
CBDオイルは世界各国で健康食品として非常に高い恒常性の維持に役立つとされています。日本ではCBDオイルよりもヘンプシードオイルなどが認知されていますが、ヘンプシードオイルにはCBDは含有されていません。くれぐれもご購入される際はお間違いがないようにしてください。
CBDオイル製品にヘンプシードオイルが使用される理由は、栄養バランスがいいということです。ヘンプシードオイルは、オメガ3やオメガ6など体内では生成することができない栄養源が天然由来成分として配合されています。
カンナビジオールはヘンプから抽出される40%のウエイトを占めていると言われています。CBDは人間にとって必要な成分であり、日々の生活をよりよいものとするためや未然に予防するために活用することができます。
CBDオイル製品について正しい知識をつけていただき、お客様の恒常性維持に役立ちたいと思っております。

Tags: , ,

カンナビジオールの含有量が一番多い商品について

日頃よりボタニカルサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

当サイトは各CBDオイル製造メーカーと正規代理店として契約をしており、各製造メーカーはそれぞれの特性が異なっています。
その中でもカンナビジオールの含有量が多い製品はどれなのかという疑問があると思いますので少し説明させていただきます。
一般的に言われている高濃度タイプのCBDオイル製品は、容量に対してカンナビジオールがどれだけの濃度で含有されているかという点です。
各製造メーカーの高濃度CBDオイル製品を取り上げてみましょう。
ブルーバード・ボタニカルズ社製のCBDオイルは、6Xシリーズタイプが高濃度CBDオイル製品となります。
各CBDオイルの容量に対して、カンナビジオールの含有量は5%となっています。
製品の特徴は、摂取効率を考えてヘンプシードオイル、カンナビジオール成分以外にも様々な成分配合をしています。
内容成分に記載がある通り、フランキンセンスや、ブラッククミンシード、アスタキサンチン成分などを配合したCBDオイル製品のラインナップがあります。

エンドカ社製は高濃度CBDオイルに特化している会社です。
特徴は、容量に対してカンナビジオールの含有量が非常に高い製品がラインナップされています。
通常タイプのCBDオイル製品も販売していますが、どれも10日間タイプの製品になります。
液体タイプの容量は10mlに対して、1日の摂取量は1ml、ペーストタイプの容量は10gに対して、1日の摂取量は1gとなっております。
液体タイプ(10ml)のカンナビジオールの含有量は1500mgとなりますので含有量は15%とかなり高濃度なCBDオイル製品です。
ペーストタイプ(10g)のカンナビジオールの含有量は、2000mgと3000mg含有されてる製品があり、含有量は20%と30%のCBDオイル製品です。
当サイトで取り扱いを行っているCBDオイル製品の中では、ローゴールデンCBDオイル製品が一番の高濃度商品です。
エンドカ社製の商品名にローと記載されている製品は、カンナビジオールとカンナビジオール酸(CBDA)が配合されているという意味です。

HempMeds社製のリアル・サイエンティフィック・CBDオイルは、ペーストタイプ製品のみの取り扱いとなります。
それぞれグリー、ブルー、ゴールドとレーベルが分かれていますが、1日に摂取できるカンナビジオールの含有量がそれぞれ異なると理解していただければ問題ありません。
グリー・レーベルのCBDオイル製品は1日の摂取されるカンナビジオールは100mgとなります。
ブルー・レーベルのCBDオイル製品は1日の摂取されるカンナビジオールは170mgとなります。
ゴールド・レーベルのCBDオイル製品は1日の摂取されるカンナビジオールは240mgとなります。

ディクシー・ボタニカル製品もリアル・サイエンティフィック・CBDオイル同様にペーストタイプ製品のみと取り扱いになります。
ディクシー・ボタニカルズ® スティックス製品は、15gに対してカンナビジオールの含有量は2250mgです
1日に摂取できるカンナビジオールは150mgとなります。

各製造メーカーによって異なるCBDオイル製品がありますが、カンナビジオールの含有量が高濃度になれば価格もそれに比例してしまうのが現状です。
お客様に理想的な摂取をすることが一番の理想であり、毎日摂取することにより恒常性の維持に役立てれば幸いです。
CBDオイルについて何かご不明な点がありましたらお気軽にご連絡ください。

Tags: , ,

ENDOCA社製CBDオイルの説明

日頃よりボタニカルサイトをご利用いたただき、誠にありがとうございます。

ENDOCA社製はデンマークに本拠地を構えるCBDオイルに特化した会社です。
完全なオーガニックな製品作りこだわり持っており、世界各国で定評がある製品です。
CEOのVincenty氏はコペンハーゲン大学のバイオ専攻で、本人自身が理科系であることから、カンナビジオールについて日々研究・開発を行っています。
ENDOCA社の特徴としては、高濃度CBDオイル、CBDカプセル製品など挙げられます。
高濃度CBDオイルには2種類の製品があり、液体タイプのCBDオイルとペーストタイプのCDBオイルです。
液体タイプ製品は、10ml容量の中にカンナビジオールの含有量が300mg、1500mgタイプの2種類に分かれています。
また、CBD成分のみが配合されている商品とCBDとCBDA(カンナビジオール酸)が配合されている商品があります。
CBDAの特長は、ヘンプの茎から圧搾する段階では全ての成分がCBDA(カンナビジオール酸)というカンナビノイドに対して、170℃の熱を加えて精製することによりCBDAというカンナビノイドがCBDという成分に変化することを指します。
CBDとCBDA(カンナビジオール酸)が配合されているCBDオイル製品は必ず商品名にローがついています。
ENDOCA社製のCBDオイルにご興味がある場合はセール実施中にご購入ください。
製品についてご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

Tags: , ,

Hemp・Meds社のCBDオイル製品について

日頃よりボタニカルサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

Hemp・Meds社製のオーラルアプリケーターCBDオイル商品はどのような特徴があるのか?
国内ではまだまだ認知されていないCBDオイル(ペーストタイプ)は、世界各国でさまざまな目的で使用されています。
Hemp・Meds社製のCBDオイル製品は、アメリカ合衆国50州全域、世界40各国以上で普及しているCBDオイル製品であり、天然由来のヘンプ・カンナビジオール(CBD)を使用しています。
CBDオイル製品に関わる原材料は、欧州連合(EU)の理想的な気候で栽培している非遺伝子組み換え作物であることが証明されています。
オーラルアプリケーターCBDオイル商品をはじめてご使用されたい場合は、各グリーンレーベル、ブルーレーベル、ゴールドレーベルの3gタイプ製品からご利用されるのが望ましいと思います。
もしくは、ディクシー・ボタニカル製品STIX・CBDオイル製品からでもいいかもしれません。
Hemp・Meds社製のオーラルアプリケーターCBDオイル商品は、1日の摂取量は1gとなっていますので、3gタイプ製品の使用期間は3日間になります。
ディクシー・ボタニカル製品STIX・CBDオイル商品も同様で、1日の摂取量は1gとなり、15gタイプ製品であれば15日になります。
はじめから1gを摂取することに抵抗がある方は、1日の摂取量を半分の0.5gからでも問題ありません。
CBDオイルはサプリメントとして毎日継続して使用することが理想です。しかし、通常のサプリメントとは違いお値段が高額になるため、定期購入サービスなどを活用することをお勧めします。
定期購入サービスは、通常CBDオイル価格から15%割引が適用されるため、お財布に優しいサービスとなります。
Hemp・Meds社製のCBDオイルに関しまして、何かご不明な点がありましたらお気軽にご連絡ください。
専門スタッフがお客様の状況をご確認した上で理想のCBDオイル商品をお勧めさせていただきます。

昨日から厳しい寒さが続いておりますのでお身体にはご自愛くださいませ。
本日は路面凍結なども予想されますので転倒などにもお気をつけください。

Tags: , ,

CBDオイルについて

日頃よりボタニカルサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

去年から日本でも注目集めたカンナビジオール(CBD)について、世界各国でCBDオイルのニーズは日に日に増しています。
国内でもCBDオイルはサプリメント感覚で摂取することができ、毎日の健康維持や恒常性の維持を目的として手軽に活用することができます。
最近ではスーパーフードとしてヘンプシードオイルが注目を集めていますが、ヘンプシードオイルとカンナビジオール(CBD)は全くの別物になります。
ヘンプシードオイルは麻の種子をオイルベースにした成分です。栄養バランスが非常に良く、健康維持やコレステロール値が気になる方などにはお勧めの商品です。一方のカンナビジオール(CBD)は、ヘンプの茎を圧搾して精製した成分になります。カンナビジオール(CBD)を摂取することで、体内の恒常性を維持でき、エンドカンナビノイド(ECS)本来の健康を保つ機能を取り戻すことができるものとなります。
CBDオイルは、主にヘンプシードオイルとカンナビジオール(CBD)を配合し、体内効率を考えたサプリメントです。
当サイトで人気製品は、ブルーバード・ボタニカルズ社製のCBDオイルになります。
どのCBDオイルを試したらいいのかわからないという方には、CBDオイル・サンプルパック商品をお勧めしております。
CBDオイルについて詳しく知りたい、不明な点がある、自分にあったCBDオイル商品を探したいという方は、お気軽にお問い合わせいただければ専門スタッフが一緒にご相談させていただきます。

Tags: , ,

ENDOCA社製CBDオイルについて

日頃よりボタニカルサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

本日は、ENDOCA社製CBDオイルについてご説明したいと思います。
ENDOCA社の社名の由来は、内因性(ENDOCA)カンナビノイドから社名をとっています。
内因性カンナビノイドについては、こちらを参考にしてください。
CBDオイルを摂取することで、体内の恒常性を維持でき、エンドカンナビノイド(ECS)本来の健康を保つ機能を取り戻すことができるとされています。
では、ENDOCA社製CBDオイルの特徴はどのようなものでしょうか?
通常のCBDオイルに比べて容量が10mlと少ないということと容量に対してカンナビジオール(CBD)の含有量が非常に多いという点が挙げられます。
ペーストタイプのCBDオイル商品の取り扱いもあり、ヘンプオCBDオイル2000mgは容量が10gに対し、1gを摂取することによりカンナビジオール(CBD)含有は200mgであるため、20%という解釈をしてください。
ENDOCA社CBDオイル商品の中で一番高濃度商品は、ゴールデンヘンプCBDオイル3000mg/10gとなります。
ヘンプCBDオイル2000mg商品同様ですが、1gの摂取容量に対して、カンナビジオール(CBD)は300mg摂取することができるという計算になります。
ENDOCA社CBDオイルについて何かご不明な点がある場合はお気軽にご連絡ください。

Tags: , ,