CB1およびCB2受容体について

CBDなどのカンナビノイドを受容するように設計されている、ECS(内因性カンナビノイドシステム)の神経受容体は、CB1受容体と呼ばれており、脳の海馬と小脳の領域から構成される、脳の基底核および辺縁系に存在します。CB1受容体は、呼吸、心拍数および血圧の自律(不随意)機能を担う領域である、脳の延髄では発見されていません、したがって、カンナビノイドは、呼吸や心臓血管障害の危険性を伴いません。
ECSにおけるもうひとつの受容体は、CB2受容体であり、免疫システム、特に脾臓で検出されています。これらのCB2受容体とカンナビノイドの相互作用が、CBDや他のカンナビノイドによる身体の反応に関連していると考えられています。
CBDオイル通販販売サイトはボタニカルにサイトにお任せください。
何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。