CBDが有効な生活の中の5つの不安な状況

不安-近年、どんな形であっても、それ(不安)により心を動かされない人はほとんどいません。アメリカの人口の20%が不安障害と診断されていますが、多くの人にとって、それは感情以上のものをもたらします。就職の面接について少し気にしすぎてしまったり、試験の前に神経質になってしまったり、見知らぬ人ばかりのパーティーで居心地悪く感じたり。

これらは私達の大部分にとって共通の経験です。しかし、私達の生活を支配し始めたり、新しい経験に挑戦することができなくなってしまったりしたときに、問題が始まります。

不安と私

これまで、かなりのあいだ、私はずっと不安のスペクトルのどこかに位置していました。私を打ちのめすほどに、レッテルが膨れ上がるほどの不安ではありませんが、しかし、新しい人々に会うときや、または結婚式および家族の再会のような大きい行事に出席するときは、冷や汗をかくのには十分な程度の不安です。

だから、誰かが医療大麻、特にCBDについて書いているとき、非向精神性のカンナビノイドが、不安症状のための効果的な治療法である可能性を示唆している様々な報告を見つけると、それは確かに私の注意を惹きました。

CBDは不安を減らしますか-科学は何と言っているでしょう?

これまでカンナビノイド科学の世界では、現場では臨床試験は比較的少ないです。しかし特に社会不安に苦しむ人のために特に有効であるとして、行われた試験はCBDを対象にしています。

なぜでしょうか。さて、主な理由は、CBDは 5HT1-Aの部分アゴニストだからです。-わかりやすい言葉で言うと、部分的にそれを刺激する受容体のサイトに結合することを意味しています-しかし、科学者は、抗不安効果を引き出すためにはそれだけでは十分ではないことを示唆しています。

5HT1 はセロトニン受容体であり、脳内全体で見られますが、大脳皮質、海馬、扁桃体において高濃度で存在しています-これらの脳の部位はすべて、気分や不安障害に深く関与しています。研究はまた、海馬のニューロン(記憶力、感情、自律神経系をつかさどる脳の部分)の新生を促進するCBDの能力が、不安が軽減される理由であることを示唆しています。

従ってCBDの抗不安の可能性をこれまで以上に示す科学的な研究と、CBDによって軽減される不安の状況のTOP5をご紹介します。

1.デートに行く

そうです。最初のデートは、私に不安をもたらしました。私は良い印象を与えることができるでしょうか?私は文章を上手につなげることができるでしょうか?彼らは私が実質的に正気を失っていることに気づくでしょうか?

そこにつくまでに、私の深い腹式呼吸は過呼吸になり、始まる前に、1日が終わってしまったように感じます。ドアを出る前に、私は神経を落ち着かせるために、ごく少量のCBD抽出エキスを飲みました。これまでのところ、それは間違いな、緊張で混乱するのではなく、気持ちを落ち着かせて自分自身の場所を確保してくれます。

CBDはアルコールの効果を高めるので、2つを同時に服用しないように注意してください。

2. 不安で正気を失っている最中

時に、不安で正気を失うと、「ああ、不安になったらどうしよう」というような想像をしてしまいます。しかし、そうでないとき、ここに座ってこの記事を書いているのと同じように、それも、真実なのです。私が考えることのすべてが、いかに自分自身が不安を感じているかということなので、実際には普通通りに人と交流したり、仕事をしたりすることは実質的に不可能です。

これらの場合には、少量の20%の生のヘンプ抽出液が有効的であるように思えます。それは暴れる獣を落ち着かせるように見えるだけでなく、また、私の集中力を取り戻すことを助けてくれます。だから、それは、「こんにちは世界の人々、私は自分の部屋に帰ってきた」というようなものです。

3. 面接前

繰り返しますが、社会的不安の傾向がある人にとっては、就職の面接のような状況は、最大の悪夢を約束します。標準にさえ達していないための徹底的な拒絶。

心配思考のきっかけ、心臓の競争、自分の言いたいことが言えないような気持。このような瞬間には、数滴のCBDが役に立ちます。面接を待っている間にちょっとトイレに行くときに、舌の下に数滴たらしてみましょう。

すると、しばらく後で、私の神経系は、仕事をやり遂げるのに十分なくらい(そして、うまく行けば同時に一つの仕事を獲得できるでしょう)には落ち着きます。

4. 飛行機に乗る

私はあからさまな飛行機恐怖症ではありませんが、飛行機に乗ることは、まったく私のお気に入りのことではありません。私は飛行機に乗っている最中に恐怖の発作を感じた時は、口の中でCBDのガムをひっきりなしに噛むことで、免税店に向かうことなく、自分自身を落ち着かせることができます。

5. 試験を受ける

私は試験で神経質になるために、(CBDを)使用することはありません。試験は、成熟した学習者であることの喜びであるべきです。しかし、単純な真実は、不安とパフォーマンスは正反対の位置にあるということです。

実際は一般に一方が他方を妨げます。不安の只中に陥ったときには、脳に霧のようなものがあり、最も単純な情報を、思い出すことも不可能になります。実際に精神を集中させることができ、より頭がはっきりするように見えるため、これらの例では、CBDは、命の恩人ともいえます。

しかし、これらは単に私の経験であり、最も確実な医学的なアドバイスというわけではありません。不安に苦しんでいるならば、医者かメンタルヘルスの専門家を訪問することが常に最善の方法であり、CBDは治療による重要な作用の埋め合わせのためのものに過ぎません。

しかし、もし、あなたが不安のためにCBDを摂取するならば、どのような違いが見られ、どんな強みや伝達方法が最も有効性がみられるかについて知りたいと思います。私は個人的にベイピング(喫煙)を試したことがないので、私は特に不安を落ち着かせるために即効性のあるベイプ(喫煙)を絶対的に信用している人から特に話を聞いてみたいと思います。