CBDの1日の分量とは?

ヘンプメッズが受ける質問のなかで特に頻繁に聞かれるのがこれです。「1日にどれくらいのCBDを摂るべきですか?」

残念ながらこの質問に対する標準の答えはありません。アメリカでは食品医薬品局(FDA)が、健康的な国民の97〜98%の要件を満たすのに十分な栄養素の1日あたりの摂取量として定義される、1日あたりの推奨摂取量(RDI)の作成に責任を負っています。しかしFDAは推奨される1日あたりのCBD摂取量に関してRDIを作成していません。

FDAの規制に準拠するために、ヘンプメッズは1日あたりの推奨摂取量(RDI)を掲載していないほか、製品に関する1日の摂取量(%DV)を提供していません。それよりお客様には、信頼できる情報源を自分で調査するか、 または1日摂取する理想的なCBD量を決めるために医師または専門家に相談することをお勧めします。

お客様が目標とするCBDの数値を決めたら、ヘンプメッズ・チームがどのCBDオイル・サプリメントが最良か選ぶのをお助けします。ヘンプメッズは、1分量あたり1mgのCBDを含む1オンスのディキシー・ボタニカルズ・チンキ剤から、1分量あたり190mgのRSHOスペシャル・ブレンド・ピュア・ヘンプCBDオイル口内外用器まで、幅広いCBD分量の製品を提供しています。また目標とするCBD量を毎日達成するために選んだサプリメント・ルーティーンに合う製品と組み合わせることもできます。

ヘンプメッズのCBDオイル製品は通常、3種類のレベルで提供しています。1分量あたり1〜3mgと最も低いCBD濃度を持つヘンプCBDオイル・チンキ剤は、少量のCBDを体内に取り込むのに非常に携帯しやすい製品です。RSHOリキッドやCBDオイル・カプセルといった中等度の製品は、それぞれ31mg、25mgのCBDを提供し、1日に1、2回取り入れるのにぴったりです。最後に、ラベルによって50〜190mgの最も高濃度のCBDを含むRSHO口内外用器があります。

新しいサプリメント・ルーティーンを始める際は、少量でゆっくり始めることが推奨されます。1日あたり摂取したいCBD量を決めたら、その数値より少ない量から始め、1週間おきに摂取量を増やしていきましょう。最初に決めた数値に到達したら、その数値に落ち着くか、さらに量を増やすか決めることができます。この方法を取ることで、自分にとって最高に作用する1日のCBD量を調整することができます。