CBDエナジーチュウ VS エナジードリンク

午後のスランプが訪れるとき、1日を乗り切るエネルギーを得るのに複数の選択肢があります。従来のやり方としては、コーヒーを1杯飲んだり、砂糖たっぷりのスナックを食べたり、高カロリーのエナジードリンクを飲んだりする方法がありますが、代替的にCBDエナジーチュウを噛むこともできます。

最近のエナジードリンクの人気は疑いの余地がありません。エナジードリンクの使用はさまざまな年齢層においてますます流行しており、今では500種類以上のエナジードリンクが販売されています。エナジードリンク市場は2013年に世界規模で39億ドルの価値を記録し、2021年までには61億ドルに達成すると予測されています。

エナジードリンクは人気かもしれませんが、最近、医療専門家の間では評判が悪いです。それも正当な理由で、です。次に体力を持続させる日要請を感じた時は、代わりにディキシー・ボタニカルズ・キックス・ CBD・エナジーチュウに手を伸ばし、エナジードリンクに関連する危険を避けてください。

アメリカ食品医薬品局は一般的に、1日あたり400mg以下のカフェイン摂取量を安全としています。しかし、一部のエナジードリンクは1缶あたり400mgかそれ以上のカフェインを含有しています。CBDエナジーチュウは、最も人気のエナジードリンクよりも少ない、コーヒー1杯とほぼ同量のカフェイン100mgを含有しています。

しかし、エナジードリンクを危険にしているのは高濃度のカフェインだけではありません。エナジードリンクは、懸念されるその他多くの成分で構成されていることがあります。

大半のエナジードリンクは大量の添加された砂糖や刺激物が含まれています。すなわち、アマゾンで育つ植物のガラナやタウリン、肉や魚に元々含まれるアミノ酸、脂肪をエネルギーに換えるのに役立つ体内に存在する物質、L-カルニチンです。

タウリンやガラナといった、これら添加物の一部は、食品における使用に関して安全性を承認されていません。タウリンは血中の水分やミネラルの量に影響することがあります。また既に添加された高濃度のカフェインを含むエナジードリンクに、さらにカフェインを含有するガラナを追加することで、ドリンクの全カフェイン量を増加させます。ディキシー・ボタニカルズ・キックスは、エネルギーの高まりを促進するよう自然に身体と相互作用する、天然のビタミンBしか含みません。

国立衛生研究所によると、2007年から2011年の間に、エナジードリンクに関連するERへの訪問総数は2倍となり、最も高い増加率(279%)は40代以上でした。これらのリスクはカフェインのみによって生じたものではなく、高濃度のカフェインが他の「エネルギーを促進する」成分と相互作用したことによるものです。

また多くのエナジードリンクは砂糖を非常に多く含むので、結果的に膵臓のインスリン産生細胞を使いきってしまい、2型糖尿病の原因となります。たった1缶の人気エナジードリンクに、50g以上の砂糖が含まれることがあります。この量は、1日あたりの男性・女性両方の砂糖消費量の上限を超え、糖尿病に関する不健康なリスクを促進する可能性があります。その代わりに、ディキシー・ボタニカルズは1個のチュウあたりたった2gしか砂糖を含まないので、より健康的で低カロリーの選択肢です。

エナジードリンクに関連するリスクを回避し、オンラインショップでディキシー・ボタニカルズ・キックス・エナジーチュウを試してみてください。またはCBD、CBDオイル、ヘンプメッズのCBD製品に関してさらに知るために、ヘンプメッズ教育ページを訪問してください。