CBDオイルとココナッツオイルについて

MCTオイルがカンナビノイドのキャリアオイルとして有効であるかをご説明します。

最近では誰もがCBDオイルの有用性を語り、この強力なサプリメントを取り入れる最適な方法について情報を求めているようです。

よくある質問は、オイルに含まれるカンナビノイドが最も簡単に身体と相互作用できるような最適なCBDオイル摂取方法に関するものです。
そこでCBDオイルとココナッツオイルの関係に焦点が当たります。

カンナビノイドは脂溶性なので、水よりも脂質に分解され蓄えられます。この特徴のため、カンナビノイドが脂質とともに摂取されるときに最も友好的で、生体利用効率が向上します。とは言え、脂質の種類が重であると考えられます。

飽和脂肪は、カンナビノイドが身体に吸収されるために重要なキャリアです。ココナッツオイルは80%近く飽和脂肪を含むので、カンナビノイドが体内に浸透するのに必要な脂肪細胞を提供し、エンドカンナビノイドシステムによるより迅速な処理・利用を促進します。

特にココナッツオイルは、中鎖脂肪酸トリグリセリドまたは脂肪酸を含んでいます。ココナッツオイルもしくは中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCTオイル)を含他の製品を使用することで、他のオイルと比べたとき比較的早いカンナビノイドの放出を誘発できます。これはMCTオイルが肝臓によって直接エネルギーに代謝されるためです。すなわちこれは、身体がこれらの脂肪をすぐに燃焼させて(脂肪に含まれるカンナビノイドとともに)使用できる、ということを意味します。

このためにヘンプメッズは、ココナッツオイルおよびパームオイルから持続可能に供給されたMCTオイルを用いてCBDオイル製品を調合しているのです。

カンナビジオール(CBD)オイルを中鎖脂肪酸トリグリセリド油(MCT)と混ぜて作られたRSHOリキッドには、高濃度のCBDオイル、必須ビタミン、ミネラル、脂肪酸を含む全てのRSHOヘンプオイルの利点が含まれています。

ヘンプメッズが使用するMCTオイルは、健全なココナッツオイルと持続可能に供給されたパームオイルからできています。これらのオイルはMCTまたは飽和脂肪の宝庫であるほか、カンナビノイドにとって不飽和脂肪よりも強力な結合剤を作り出し、CBDサプリメントにとって確実に有効的な媒介となります。

ココナッツオイルなどのMCTオイルとCBDオイルを混ぜることで、体内に取り入れる方法も広がり、CBDオイルの万能性も拡大します。

RSHOリキッドはCBDオイルとMCTオイルだけでできています。そのため、どんな健康食にもよく合います。健康補助食品として摂取されるよう設計されていますが、RSHOリキッドはほぼ全ての加工食品に添加することができます。しかしその有効性を弱める可能性があるので、オイルを加熱することを勧められません。

その代わり、RSHOリキッドは栄養とエネルギーが豊富なスムージーを作るために、冷凍ベリー、新鮮野菜、アーモンドミルク、チアシード、ヘンプハートなどの栄養素に加えることができます。あるいはバランスの取れた1日をスタートするために、オートミールにRSHOリキッドを混ぜ、スライスしたフルーツを乗せるのも良いでしょう。

RSHOリキッドはまた、軽いドレッシングの代わり、あるいは添加としてさまざまなサラダに加えたり、心臓にいいランチのためにカレーやソースに混ぜたりすることもできます。

CBDオイルを注入したブレットプルーフコーヒーを作るにはお気に入りのコーヒーにRSHOリキッドを1、2滴加えるか、1日のしめくくりに飲む温かいミルク&ハニーにRSHOリキッドを混ぜると良いでしょう。

同じようにRSHOチンキ剤もMCTオイルとピュアCBDオイルを組み合わせており、RSHOリキッドのより効力が低いバージョンです。チンキ剤は90秒間口内にとどめるか、お気に入りの飲食物と混ぜることで摂取できます。

また直接肌に塗布できる効果的な外用品を作るために、口内外用器のRSHOピュア・ヘンプオイルとココナッツオイルを混ぜることもできます。RSHOピュア・ヘンプオイルを外用目的に使用するには、CBDオイルをキャリアオイルと混ぜるのが最適です。消費者のなかには、ココナッツオイルをキャリアオイルとして選ぶ人が多いです。

1回分の場合は、まずココナッツオイルを塗りたい部分に塗布し、オイリーになりすぎないようにしながら十分なオイルを塗ります。その後、RSHOをその部位に揉み込み、 RSHOとココナッツオイルを混ぜ合わせながら深くマッサージします。塗布後はRSHOが衣服または家具を汚さないように、ガーゼパッドで覆うか巻くことをお勧めしています。

足、ひざ、ひじ、手などの小さい部位には、RSHO1/4グラムで十分です。肩や背中などの大きい部位には、RSHO1/2グラムが適用できます。この方法でRSHOピュア・ヘンプオイルを使用するとき、使用するラベルや塗布する量によって塗布ごとに42mg〜190mgのCBDを提供できます。