CBDオイルの使用について知る最適な方法

カンナビジオールまたはCBDについては計り知れない興奮の渦が巻き起こっていますが、新たにCBDオイルを使い始める多くの人は同じ疑問を持っています。CBDオイルは何に使われているのか?という疑問です。

ヘンプメッズがウェブサイトにもパッケージにも弊社CBDオイル製品に関する医学的主張を行っていないことに気づかれた方もいるでしょう。同じことが他の評判の良いCBD源にも言えます。そしてそれには相当の理由があります。 現在のアメリカならびに多くの外国におけるCBDオイルの法的地位によって、CBD製品を栄養補助食品として販売せざるを得なくなっているのです。

ヘンプメッズのCBDオイルはアメリカにおいて栄養補助食品として分類されているので、食品医薬品局の栄養補助食品健康教育法ガイドラインに準拠しており、CBDまたはヘンプオイルの特定の医学的有用性を宣伝することはできません。FDAの条件にさらに準拠するために、ヘンプメッズは1日あたりの推奨摂取量(RDI)を掲載していないほか、製品に関する1日の摂取量(%DV)を提供していません。

もちろんこれは、CBDが自分に合っているか、またはCBDオイルが何に使用されているのか知るのを困難にします。ヘンプメッズは教育ページにて、 CBD、エンドカンナビノイドシステム、CBDオイル製品に関する豊かな情報を提供していますが、連邦政府の監督機関に準拠するため医学的主張は行っていません。

私たちが言えることは、カンナビノイドが身体の自然な機能を調節するエンドカンナビノイドシステムと相互作用する、ということです。CBDは身体に吸収されると、気分、睡眠、食欲、免疫反応といったさまざまな機能を操作することで恒常性を維持するエンドカンナビノイドシステムと相互作用します。

エンドカンナビノイドシステムはCBDオイル製品で補われるとより効率よく機能するようになり、日々の身体の活動を最適化します。ヘンプオイル製品に含まれるCBDは身体に元々存在するエンドカンナビノイドを増加させ、身体の恒常性を促進する力を向上させます。

また、インターネットに掲載されているCBDに関して信頼できる数多の研究を調べることもできます。アメリカ国立医学図書館のウェブサイトには、カンナビジオールに関する1700以上の医学論文が掲載されています。パブメッドと呼ばれるこの情報資源は、全ての医学研究データを検索可能なデータベースに収集しており、CBDの可能性を追求した研究に関して信頼できる情報を確認できる初めての場所です。

大手ニュースメディアも時々CBD研究における大発見について記事を掲載しています。時にはその研究へのリンクも貼っているので、自分で記事を調べて読むことも簡単にできます。CBDなどのカンナビノイドに関しては間違った情報も多く存在しており、今日アメリカ国内で州ごとに異なる合法化が広がるなか論争を巻き起こっていることを覚えておくのも重要です。必ず信頼できる情報源からCBDに関する情報を得るようにしましょう。

ヘンプメッズは2012年以来、CBDオイル産業を開拓してきました。ヘンプメッズは初の企業として、国際的なCBDオイル供給経路を初めて確立するなか、凝塊の標準となった多くのプロセスを革新しました。