CBDオイルの抽出に二酸化炭素を使う理由

ブランドの整合性に対するヘンプメッズの献身は、どのように製品を育て、抽出し、調合し、パッケージ化するかに関して慎重な決断をするための原動力です。お客様を守ることに関して、ヘンプメッズが決めた最も重要な選択の一つは、抽出過程で超臨界CO2を使用するということです。この安全で環境にやさしい抽出方法を選んだことは、ヘンプメッズにお客様の信頼できるCBD源であることを保証してくれます。

抽出とは何か?

植物抽出オイルは、数多くの抽出方法を使ってさまざまな植物から調達することができます。通常は溶剤が植物原料を注入し、植物から化合物たっぷりのオイルを引き出します。その後溶剤は瀉下過程で除去され、濃縮オイルができます。ヘンプから抽出する時は、オイルはその後製品に調合されたり、黄金色の脱ろう濃縮物や結晶化したCBDアイソレートを含むさまざまな形に使うためにさらに精製・純化されたりします。

費用がかかり、正しく行うには技術と経験が必要とされますが、超臨界CO2を用いた抽出は、ピュアなヘンプオイルを得るのにより安全で信頼できる手法です。つまり、ヘンプメッズはお客様に届ける製品が最も安全で最高品質のCBDオイル製品であるのを保証できる、ということです。

なぜ超臨界CO2なのか?

超臨界CO2について話す時は液状の二酸化炭素について言及しています。なぜなら二酸化炭素が臨界温度および臨界圧で保たれているからです。 その低毒性と最小限の環境影響のため、超臨界CO2は商業用抽出における重要な進歩です。食品医薬品局(FDA)は商業用抽出としてCO2抽出をGRAS(一般的に安全と認められる)と考えているため、この方法は食品産業で人気があります。

超臨界CO2の持続可能性は、ほとんどの化合物を少ないダメージで抽出することを可能にします。コーヒー産業では、カフェイン抜きコーヒー豆のためにカフェインを抽出するため、従来の溶剤より超臨界CO2の方が安全であるとして、すでに広く受け入れられています。

超臨界CO2は無毒で不燃性なので、 ブタン、ヘキサン、アセトンなど、正しく除去されないと抽出されたオイルに残留し、オイルを有毒な状態にしてしまう化学溶剤よりも選ぶに値します。また超臨界CO2を利用して抽出された植物エッセンシャルオイルは他の方法で抽出されたものより元の植物の香りに近いと言われています。これはCO2の使用に植物の化学構造がより多くオイルに残っていることを意味します。

ヘンプメッズの全製品は安全性検査済み

ヘンプメッズが安全と証明された抽出方法を使用しているという事実にもかかわらず、ヘンプメッズは3度の研究所検査過程を通じてさらに製品の品質チェックを行っています。ヘンプメッズは、正確なCBD含有量を確認し、同時にカビ、白カビ、残留溶剤、重金属など残留汚染物質が含まれないことを保証するために、製造過程で3回ヘンプオイルを検査する、認定を受けた研究所に依頼しています。お客様とその家族の安全が一番の関心事なので、ヘンプメッズはここまでやります。これが、ヘンプメッズはお客様の信頼できるCBD源であると自信を持っている理由です。