CBDオイルの摂り方:摂取、口内、および外用製品

CBDオイル製品を身体、ひいてはエンドカンナビノイドシステムに適用する方法は主に3つです。1つ目は口から摂取され、消化器官を通ります。2つ目は口の粘膜を通じて主に吸収される口内製品です。3つ目は皮膚に塗布する外用製品です。

本記事では、各適用方法の利点を考察し、お客様が自分に最適な製品を選ぶのを助けます。

摂取

サプリメントの摂取法として最もよく知られている方法の一つは、カプセル形式で口から摂取して、 消化器系を経由した活性成分が肝臓で代謝されるやり方です。現在大半の人が毎日のビタミン剤やサプリメントを摂取している方法がこれです。

RSHO、ディキシー・ボタニカルズ、サイブデックスなどのブランドは全て、1カプセルあたり25mgのCBDを含むCBDオイル入りのカプセルを提供しています。口にいっぱいの水で飲み込むことができ、CBDオイル・カプセルは、CBDサプリメントを摂取する最も直感的な方法の一つを代表します。

カプセルだけが摂取を通じて吸収される製品ではありません。RSHOヘンプCBDオイル・リキッドも、ブレットプルーフコーヒーを含む幅広い種類の飲食物に混ぜることができ、オリジナルのCBD入り食品を作ることができます。

口内

CBDオイルの口内投与は、オイルを飲み込む前に最大90秒間口内に保つ時に起こります。これにより、製品に含まれる活性成分が口の粘膜によって吸収され、消化器系や肝臓による代謝を回避して非常に早く血流に入り、エンドカンナビノイドシステムと相互作用するのを可能にします。

ディキシー・ボタニカルズ・デュー・ドロップスチンキ剤、RSHOピュア・ヘンプオイル、RSHO・MCTオイル・リキッドなどの製品はこの適用方法に役立ちます。これらの製品は飲み込む前に簡単に口内にとどめることができるので、活性成分が口内の毛細血管によって吸収される時間を十分与えます。

CBDオイルの口内投与は、ヘンプメッズ設立当初からその有効性と使用の簡単さからヘンプメッズのお客様の間で人気です。

外用

最後に、一部のCBDオイル製品は皮膚に塗布して使用できます。これらのタイプの製品は外用品と呼ばれ、ローションや軟膏などの製品がこれに含まれます。皮膚に塗布すると、活性成分が皮膚に吸収され、血流に入ることなく表皮近くの細胞と相互作用します。

このおかげで、カンナビノイドが体内を巡るのを待つことなく、外用品による効果を必要とされるエリアに集中させることができます。ディキシー・ボタニカルズのサルベーション・ヘンプオイル軟膏は、肌のトラブルが起こっている部分に揉み込んだり、筋肉や関節に塗ってマッサージしたりできます。

またヘンプメッズは、髪や肌に局所的にCBDの利点を提供するヘンプオイル入りバス&ビューティー製品も提供しています。サイバダームのボディウォッシュ、シャンプー、コンディショナー、保湿ローションは、毎日のシャワータイムにCBDの力を取り込んでくれます。シャワーの後は、カンナビス・ビューティー・ディファインのアンチエイジング・スキンケア製品シリーズを使って、環境への露出による日々のダメージから肌を守り、滋養を与えましょう。