CBDオイルはどこで入手できるの?

大麻規制政策が今、より思いやりのある医療・娯楽使用法へとシフトしつつあるなかで、大麻は近年、世界的な議論の中心となってきました。残念ながら各地で異なる変化が起こったためは、地元、州、連邦政府の大麻政策に難解な混同を生み出してしまい、自分が住んでいる場所で異なるタイプの大麻製品にアクセスしようとした時の自分の立ち位置を明確に知るのを難しくしました。

本記事は、誰がどこでCBDオイル製品を購入できるのか、という一般的な疑問に答えることを目的としています。

アメリカにおけるヘンプ栽培

アメリカにおいて、元々THCを低濃度しか含まないヘンプからカンナビジオール(CBD)を含む製品を製造するのは合法ですが、2014年農業法によって認められた試験計画という小さな例外を除き、アメリカにおけるヘンプの栽培は広く違法となっています。したがって、ヘンプメッズが製品の調合に使用するヘンプオイルは海外から輸入しなければなりません。

ヘンプから取れるCBD

ヘンプは数多くの国々で、CBDといったカンナビノイドの合法的な供給源として人気を高めてきました。アメリカにおいて合法的なヘンプとは、乾燥重量に対するTHCの含有量が0.3%以下のものが分類されます。

ヘンプメッズは、北欧の共同農場と協力し、3000以上のヘンプ栽培品種を丁寧に検査・調査した後、農場のある土地の気候・土壌で生き残ることができ、CBDオイル製品のために最適な収穫をもたらしてくれる特定のヘンプ草を選びました。これらのヘンプ草から供給されるヘンプオイルは高濃度のCBDを含み、人をハイにさせるTHCを低濃度しか含みません。

健康補助食品としてのCBDオイル

ヘンプから供給されたCBDは、全50州で健康補助食品として合法的に販売することができます。ヘンプメッズ製品を日常的に摂取すると、CBDだけでなく必須ビタミン、ミネラル、脂肪酸、テルペン、フラボノイド、その他カンナビノイドを食事に取り込むことができます。

ヘンプメッズのCBDオイル製品は、ヨーロッパ諸国、中東、東アジア、ラテンアメリカを含む40ヶ国以上で、合法的に購入・輸入されています。

処方薬としてのCBDオイル

さらに、一部の国ではCBDオイルを処方薬として承認しています。
ブラジルは現在、医師の処方箋を特定の消費者に対してRSHOの輸入を認めています。これらの処方箋は、ブラジル政府によって完全に女性されています。ブラジルに住んでいる方はヘンプメッズ・ブラジルを訪問してください。

メキシコもまた、ヘンプメッズによる業界初のTHCを含まないCBDオイルであるRSHO-Xという形で国内のCBDオイルの使用を最近承認しました。RSHO-XはCBDオイルの利点を全て提供しますが、THCは全く含みません。メキシコに住み、RSHO-Xの輸入に関心がある方は、ヘンプメッズ・メキシコを訪問してください。

CBDオイル製品を始める

ヘンプメッズは、チンキ剤、外用品、リキッドを含む多様なCBDオイル製品を取り扱っています。